無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

第6話
中学時代
クラスメイト
ねー!あなた
そいえばなんで優衣と仲良いの?
その日はたまたま優衣が遅刻をしてくる日だった

だからこの質問をされた1時間目の休み時間には、まだ優衣はいなくて
あなた
あなた
んー、中1から同じクラスでオリ合宿同じ班でさ、そこから話すようになって…仲良くなったって感じ?
クラスメイトが何故こんな事を聞いてきたのか想像はついた

正直腹は立ったが笑顔で相手に対応する
クラスメイト
でも優衣とあなたって正直キャラ違くない?
優衣って大人しすぎるってゆーか陰キャってゆーか
あなた
あなた
大人しいけど、そんなとこも好きだけどなぁ
私っていつもテンパってるから優衣が落ち着いてるおかげで色々アドバイスしてくれるし!
クラスメイト
ふーん
クラスメイト
じゃあ、単刀直入に言うけどさ
優衣と仲良くすんのやめてくんない?
あなた
あなた
…どうして?
私はまっすぐ相手の目を見た
クラスメイト
優衣ムカつくんだよねー
あなたはいいけどさ、優衣と一緒にいるとまるで仲間みたいであなたも嫌でしょ?
言ってる意味わかるよね?
彼女は随分優しい言い方をする

直訳するとこうだ

離れないとお前もターゲットだ、と
あなた
あなた
…だからなに?
クラスメイト
っな!
あなた
あなた
私は優衣と仲良くしたい!
そんなところまで制御させられるのなんて嫌だ
だいたい何?結局それってイジメでしょ
優衣は何もしてないのに!
優衣
あなたちゃん…
小さい声が、教室を一気に沈黙にした
あなた
あなた
優衣、いつからそこに…
クラスメイト
優衣、選びな
あなた
あなた
優衣に何を…
クラスメイト
うちらか、あなたかね
優衣
つまり…
クラスメイト
うちらを選んだら、優衣にしようとしてた事はしないし仲良くするの
その代わりあなたがボコられる

あなたを選んだんなら
2人ともだね
優衣
そんな、あんまりだよ!
優衣は教室から走って出て行く

私も後を追った



優衣は廊下で突然走るのをやめた
あなた
あなた
優衣…
優衣
あなたちゃん、ごめん
あなた
あなた
え?
優衣
私、強くなれないや

でも、あなたちゃんなら乗り越えられるよね?だって私の憧れた強いあなたちゃんだもんね?
あなた
あなた
それって
クラスメイトを選んだ…
クラスメイト
正しい判断だよ優衣ー!
声のするほうへ振り向くと女子たちが群れになって私達を囲んでいた
クラスメイト
じゃあ、あなた…
やっちゃうね?