無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

番外編12
みりぃ
みりぃ
好きな人いるんですか?
そう聞いた美里に、俺は少し考えた
莉犬
莉犬
…いない、な!
苦笑しながら頭を搔く
莉犬
莉犬
いやぁでも俺もそろそろ、そういうの考えなきゃな歳だよな!
まぁ、と俺は美里を見る
莉犬
莉犬
みりぃはまだ若いし、たくさん恋しときなよ!
美里は俺を見て少し目を伏せた
みりぃ
みりぃ
あの、先輩
莉犬
莉犬
うん?
みりぃ
みりぃ
私、先輩の事好きです
莉犬
莉犬
…へ?
目を見開いて美里を見る
顔を下に向ける美里の顔がよく見えない

と、突然美里が顔を上げる
みりぃ
みりぃ
…って言ったらどうします?
意地悪な顔をして笑う美里を見て思わず安堵する
莉犬
莉犬
みりぃには、もっといい人がいるよ!俺よりも若くてカッコイイ人!
どう答えていいか分からず、
その場しのぎの言葉を交わした
みりぃ
みりぃ
うーん
伸びした指を見ながら美里は
みりぃ
みりぃ
たしかに!私先輩みたいな醤油顔よりも塩顔派です!
アイラブ坂口健太郎くんです!
莉犬
莉犬
あはは、いるかなぁ坂口健太郎
でもさ、と俺は美里と向き合う
莉犬
莉犬
絶対みりぃもあなたみたいに素敵な人と一緒になれるよ
少し息を吸った美里は深く深く息を吐いた
みりぃ
みりぃ
だったらいいですけど、ね