無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

第41話
わこ
わこ
ころん、落ち着いて
あなた
あなた
(ロ、ロッカー狭い…)
窮屈なロッカーの中で身を縮こませて息を潜める


すぐにちぇぷりの皆が入ってきた
らら
らら
いやー、お疲れ様だね皆!
わこ
わこ
うん、今回は大変だったけど楽しかった
ゆら
ゆら
後日打ち上げしよね~
ピュレ
ピュレ
焼肉がいい!肉肉!!!
たい
たい
ピュレちゃん、この前も焼肉だったでしょ!?
続いてすとぷりも入って来た
ジェル
ジェル
いやぁ、今日は頑張ったなぁ
さとみ
さとみ
ジェルはふざけてただけでしょw
ころん
ころん
ジェルくん言われてやんのww
莉犬
莉犬
でも、お客さんも喜んでくれてよかったよね!
ななもり
ななもり
うんうん!とにかく皆、お疲れ様!
なーくんの一言で
全員がおつかれー!と声を合わせる


ステージで見たよりもずっと近い距離

皆大人っぽくなったなぁ…
るぅと
るぅと
ごめんなさい!遅くなっちゃって!
その人の声で私は息を飲んだ

ずっと逢いたかった人

気持ちを伝えたかった人



諦めきれなかった、
今も昔もずっとずっと大好きな人
みりぃ
みりぃ
よっしゃ!皆さん揃いましたね!
じゃあ、「パッパラパー」!!
美里と約束した合言葉で、私は
ロッカーから出ようとした…が
あなた
あなた
(え、うそ…このロッカー内側から開かないやつ!)
ドンドンと音を立てて開けようとするも、開かない
ころん
ころん
なに…なになに!???
そりゃ、突然ロッカーが音立てたら怖いよね…
みりぃ
みりぃ
もー、何でそこなのよ!
しょうがないなぁ、と美里がため息をつく

それでも諦めずロッカーを開けようと
ドアに手を掛けている時
みりぃ
みりぃ
ぅいしょっと…
美里がロッカーのドアを開けた

その途端、ロッカーから地面めがけて
私の体が倒れていく
あなた
あなた
わっ!!
ドン!と鈍い音をたてながら頭を打つ

アニメだったら星マーク浮かんでるくらい痛い…
みりぃ
みりぃ
うそ!ごめん!
あなた
あなた
…ううん、大丈夫
たい
たい
な、なに…誰、ですか?
皆は不審そうにこちらを見ていた
みりぃ
みりぃ
今日のスペシャルゲストです!
そんな空気を変えようと、
美里は私に手を向けて元気に言った

なんで7年振りなのにこんなカッコ悪い登場なの…



恥ずかしさもありながら、私は立ち上がって

皆に顔を向けた
ゆら
ゆら
あなた…ちゃん…?
たい
たい
うそ…
ピュレ
ピュレ
あなたちゃん、
驚いた様子の皆に笑顔を向ける
あなた
あなた
…皆、久しぶりだね!
らら
らら
あなたぢゃああん!!!!!
ららちゃんが号泣しながら飛びついてくる
あなた
あなた
ららちゃん、ずっと連絡してくれてありがとね
らら
らら
ううん…、あなたちゃんだ、あなたちゃんだっ
ぎゅっと抱き締められて、私まで泣きそうになる
わこ
わこ
会いたかった、ずっと
あなた
あなた
わこちゃん、私もだよ
ジェル
ジェル
綺麗になったなぁ、あなたちゃん
さとみ
さとみ
もう、会えないかと思ってた
ななもり
ななもり
7年振りだね
あなた
あなた
久しぶり
ジェルくん、さとみくん、なーくん
ころん
ころん
あなた…っ
あなた
あなた
ちょっと、ころんくん泣かないでね!
ころん
ころん
泣かないよ!泣かないけどさぁっ
涙を目にいっぱいためてるころんくんに皆が笑う
莉犬
莉犬
今日は来てくれてありがとうね!
あなた
あなた
りーぬくん、ありがとう
最後にるぅとくんを見る

こんなに身長伸びて、
こんなに顔も大人っぽくなったんだ…
るぅと
るぅと
…おかえりなさい、あなた
昔から変わらない優しい笑顔で
るぅとくんは私を見た
あなた
あなた
…ただいま、るぅとくん!