無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

第44話
涙が収まるまでるぅとくんは
ただ私を待っててくれた
あなた
あなた
ご、ごめんね!
泣いた私を落ち着かせようと、るぅとくんは
近くの公園のベンチに私を座らせた
るぅと
るぅと
ううん、大丈夫だよ
自動販売機でホットココアを2つ買ってきた
るぅとくんは私の隣に座って渡してくる
あなた
あなた
ありがとう!
暖かいココアを一口飲んで、私は決心した
あなた
あなた
ねぇ、るぅとくん
るぅと
るぅと
ん?どうしたの、あなた
あなた
あなた
昔さ…るぅとくんに、好きな人いる?、って聞いたの覚えてるかな
るぅと
るぅと
うん、覚えてるよ
私は一呼吸おいた
あなた
あなた
今もその人の事好き、なの?
るぅと
るぅと
るぅとくんは私から視線を外して前を向いた
るぅと
るぅと
うん
あなた
あなた
…そっか
それじゃあ、私は──



心の中で何かが剥がれるような痛みがして


私の恋が終わる痛みがして、
るぅと
るぅと
あなたは、あの時初恋もまだって言ってたよね
あなた
あなた
そう、だね
るぅと
るぅと
今は、好きな人いるの?
あなた
あなた
あの日るぅとくんと話した後に好きな人出来て、ずっと
そして私は息を吐くように言った
あなた
あなた
…ずっと好きなの
るぅと
るぅと
そうなんだ…
今だけは、るぅとくんの顔が見れなくて
少し降り積もった雪を見る


その雪を見ていたら、心の中に溢れる
想いが溢れて止まらなくなった
あなた
あなた
いつも一緒にいてくれて、辛い時も楽しい時も時間を共有してた

あ、私この人の事好きだなって気付いたら、そこからもっともっと好きになっちゃって

思えば、気付く前からずっと好きだったんだと思う

優しくて、頼りになって、隣にいてくれる大好きな人なの
そうして心の中に溢れていたものを出して

最後に残ったのは
あなた
あなた
…るぅとくんだよ
貴方が好きだって事だけが残った

るぅとくんの目をまっすぐに見つめて
るぅと
るぅと
え…
るぅとくんは驚いたように目を見開いていた
あなた
あなた
ごめん、先帰るね
私はベンチから立った
るぅと
るぅと
ま、待ってあなた…
あなた
あなた
これでスッキリした

10年も好きだったから、気持ち伝えられてよかった
そして振り返ってるぅとくんを見た
あなた
あなた
次会う時は、ちゃんとるぅとくんと、るぅとくんの好きな人を応援出来るようにするから

だから今は…ごめんね
公園を出て、1人になるとまた涙が出てきて
あなた
あなた
泣いてばっかだなぁ
昔のほうが強かったのかな…
その時、後ろから誰かに腕を掴まれて
強く引っ張られる
あなた
あなた
きゃっ…
突然の事で何が起こったか分からない
ただ、視界には何か真っ白なものでいっぱいだった
あなた
あなた
な、に…
私はその人から離れようとすると
その人は離すまいと強く私を抱き締めた

顔を上げると私を抱き締めているのが誰か分かった