無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

第42話
それから、私達は夕飯を食べに行く事になった
ピュレ
ピュレ
いえーい!しゃぶしゃぶだぁ!
ジェル
ジェル
うぇいうぇい!ww
ころん
ころん
うるせぇ兄妹だなぁホントに
わこ
わこ
ころんもうるさいよ
さとみ
さとみ
ころんドンマイwww
やっぱり7年経っても、すとぷりや
ちぇぷりの雰囲気は変わってなくて心地がよかった
たい
たい
今日はさとくんの奢りだからね!皆いっぱい食べなね!
さとみ
さとみ
は!?聞いてねぇよ…!!
ななもり
ななもり
まぁまぁ、ここは俺が奢るから!
ジェル
ジェル
よっ!我らがリーダー!!!
ななもり
ななもり
特にあなたちゃん!今日はいっぱい食べてよね!
あなた
あなた
わかりました!
なーくんに笑うと、皆も笑ってくれて
ななもり
ななもり
今日はお疲れ様!それじゃあ乾杯!
なーくんの掛け声で皆が持っているコップを上げる
な    ジェ    さ    こ    る    莉
───────────

───────────
ゆ ピュ た わ ら み
↑席順はこんな感じで
あなたさんはお誕生日席だと考えて下さい!
みりぃ
みりぃ
お姉ちゃん、お酒飲まないの?
あなた
あなた
うん、明日は裁判あるしね
ころん
ころん
あなた、ホントに弁護士になったんだよな!すげえよなぁ
ビールを飲みながら、ころんくんは私を見る
莉犬
莉犬
大変だったでしょ?資格取る為に勉強したり、研修期間もあるし
あなた
あなた
うん、大変は大変だったね
たまに戻りたいって思う時もあって
でも、と私はみんなに笑ってみせる
あなた
あなた
皆の放送や、歌を聴いて元気貰って…皆が頑張ってるから、私も頑張らなきゃって!
ホントにこの7年、皆が救いだったよ
たい
たい
あなたちゃん…
あなた
あなた
それにね、今は仕事も楽しいし、この仕事をしててよかったって心の底から思えるし誇りなの!
らら
らら
あなたちゃんが楽しいならよかったよ
あなた
あなた
うん!
そこから、皆と沢山話して…


いつの間にか終電ギリギリの時間になっていた
ななもり
ななもり
○○線乗る人ー!
ジェル
ジェル
はい!
ピュレ
ピュレ
はい!
ゆら
ゆら
はーい
ななもり
ななもり
じゃ、皆で帰るか!
お店を出てからなーくんは私に向き合って
ななもり
ななもり
今日はホントにありがとう!また遊びに来て!それでご飯とかも食べよう!
と言ってくれた
あなた
あなた
ありがとうなーくん!
そうしてなーくん達は言行ってしまった
さとみ
さとみ
俺達タクシーだから
たい
たい
あなたちゃん、今日は楽しかったよ!
あなた
あなた
うん!さとみくん、たいちゃん!ありがとね!
莉犬
莉犬
△△線の人行くよー!
あなた
あなた
あ、りーぬくん!
私は最後に莉犬くんにお礼を言った

すると満面の笑みで莉犬くんは
別にお礼言われる事はしてない!と言ってくれた
らら
らら
じゃあねあなたちゃん!
△△線の皆も行ってしまい、残ったのは─
あなた
あなた
…るぅとくん何線なの??
るぅと
るぅと
僕は□□線だよ
あなた
あなた
あ、私も□□線なの
一緒に帰ってもいいかな?
るぅと
るぅと
もちろん!一緒に帰ろうか
私とるぅとくんは駅に向かって歩き始めた