無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

よろしく
私
ラウ君!?
ラウール
ラウール
あなた!?
先生
先生
おぉー、もう知り合いなのか?
私
まぁ、はい
先生
先生
じゃ、ちょうどラウールの隣の席空いてるからそこに座っていいぞ
私
あ。はい
.席に座る







アイドル
アイドル
え?なにあの2人?
モデル
モデル
絵になるな〜…美男美女

俳優
俳優
(あなたちゃんって言うのか…可愛い)
ーーーーーーーーーー
ラウール
ラウール
コソッ(あなた!なんで教えてくれなかったの?聞いてないんだけど!)
私
コソッ(いや、私もラウ君がいる学校って知らなかったから!)
ラウール
ラウール
私
とりあえず…
私
よ、よろしく?笑
ラウール
ラウール
よろしく笑