無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

懐かしい?




僕にお水をくれた子は、、しばらく隣に居てくれた。



気分が悪いせいか視界がぼやけて顔がよく見えない…
私
水、ゆっくり飲んでね?
ラウール
ラウール
うん、ありがとう…
私
(ボソッ)本当にラウ君だ、、
ラウール
ラウール
え、なんて言ったの?
私
っ!?
ううん!!なんでもない!
そう言って、彼女は慌てて口を塞いだ


江口拓也
江口拓也
ねぇ、あなた?
その人心配なのは分かるけど、、
西山宏太郎
西山宏太郎
時間、、大丈夫?
明日からライブでしょ?
深澤
深澤
(ん?ライブ)
私
あ、本当だ!もうこんな時間!!
ラウール
ラウール
ごめんなさい、ありがとう
私
ううん!大丈夫だよっ
じゃあね!
深澤
深澤
本当にすいません!!ありがとうございました!
私
はい!では失礼します!
トタタタッ
西山宏太郎
西山宏太郎
あ!あなたちゃん待って〜!
江口拓也
江口拓也
走るのはえー、置いてかれたわ〜



彼女たちは行ってしまった。



優しい人だったなぁ、、なんだか懐かしい様な…
深澤
深澤
ラウ?大丈夫?歩ける?
ラウール
ラウール
うん、ちょっと治ったかも
深澤
深澤
よかった、よかった…ん?
ラウール
ラウール
どうしたの?
深澤
深澤
これ、なに?
ラウール
ラウール
ん?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここまで読んでくださっている皆さん!本当にありがとうございます!今、ネタがなくて困ってるので、なにかリクエストして頂いたら嬉しいです。これからもよろしくお願いします🤲