無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

決意した矢先に…
私
いやー、食べた、食べた!
江口さん、ご馳走様でした♪
江口拓也
江口拓也
あ、いや!全然いいよ?
(あっぶねー!お金足りなくなる所だった!)
西山宏太郎
西山宏太郎
↑(気付いてる笑)
あなたちゃん、食べたね〜笑
私
ヤバイですね…食べすぎた笑
江口拓也
江口拓也
…太るよ?笑
私
蹴りますよ?
江口拓也
江口拓也
ごめんなさい。
西山宏太郎
西山宏太郎
じゃぁ、お開きにしますか!
あなたちゃん、駅まで送ってくよー
江口拓也
江口拓也
あ、俺も!
私
何から何まですいません、、






店を出て、駅までしばらく歩いていると…




江口拓也
江口拓也
ん?
誰かそこの道に座り込ん出る人いない?
私
あれ?本当だ、
西山宏太郎
西山宏太郎
どうしたんだろう…?






私
あのー、大丈夫ですか?