無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

転校
ラウ君と再開して数ヶ月が経つ頃
私
転校?
お母さん
お母さん
最近お仕事いっぱい貰えるようになって忙しくなったから普通の学校だと通いづらいでしょ?
私
てことは、芸能科がある所ってこと!?
お母さん
お母さん
そうよ!
私
へー!
じゃあ、マネージャーに言ってた方が良いよね?
お母さん
お母さん
もう言ってあるわ!
私
はやー!
私
いつから通うことになってるの?
お母さん
お母さん
来月からよ
私
芸能科か…楽しみだな〜
そして、1ヶ月はあっという間に過ぎ…とうとう新しい学校に通うことになった
私
わぁ!制服が可愛い!
お母さん
お母さん
やっぱり似合うわね〜
私
えへへ、じゃあ行ってくるね!
お母さん
お母さん
いってらっしゃい!
私
いってきます!