無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog
―私、実はね……―
―……え?嘘……でしょ?―
この時どれだけの勇気を振り絞っていったのだろうか
―信じて欲しい―
その思いはあの子の
「嘘でしょ?」
という言葉によって


砕けた