無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

夢ちゃん探し隊



_______________北信介side





宮侑
宮侑
だあぁああ!!全然見つからへん!
角名倫太郎
角名倫太郎
だから流石に無理だって
宮治
宮治
変に勘違いされてもうたしな
銀島結
銀島結
お前ら2人は静かにしといてや…
俺はもう懲り懲りやッッ!
北信介
北信介
探し回ったんか?
宮侑
宮侑
北さん聞いてくださいよおお!
誰一人として夢ちゃんの声おらんかったんですぅ!!
北信介
北信介
まあ、逆に居らんかったって分かったんやから、良かったやろ
角名倫太郎
角名倫太郎
いや、現実を見せられた気がします…
北信介
北信介
有名な子なんやろ?その…夢ちゃん
宮侑
宮侑
そうなんですけど!けどですよ?!
関西弁なんですわっ!!
北信介
北信介
ほーん…
宮侑
宮侑
兵庫住みかもしれへんのです!
宮治
宮治
そして高校生!
北信介
北信介
高校生やったんか。凄いなぁ
宮侑
宮侑
ほんま夢ちゃんは凄いんです!!




歌だけで有名なるなんて凄いなぁ…






宮侑
宮侑
あ"ぁ"!!夢ちゃん歌ってみた投稿しとるっ!
宮治
宮治
はよ聞かせろや
宮侑
宮侑
今再生するから待ちやっ!クソサムッ
角名倫太郎
角名倫太郎
言い合いしないで。聞こえない







聞き覚えのある鼻歌…






あれ…?


この声…






『あぁ〜回って回って回り疲れて』


『あぁ〜息が息が止まるの』


『そう…僕は君が望むピエロだぁ』


『君が思うままに操ってよぉお〜』





宮侑
宮侑
あかんっ…!これはアカンやろっっ
銀島結
銀島結
ほんまこういう歌似合うやんな…
宮治
宮治
切ない気持ちなってまうっっ
角名倫太郎
角名倫太郎
今すぐ夢ちゃん抱き締めてあげたい。


『『ほんまにそれな。』』












いや、そんな訳あるか…







北信介
北信介
夢……夢ちゃん…夢なぁ…





宮侑
宮侑
な、なぁ…北さん壊れてもうたっ
宮治
宮治
ど、どないしよ…俺らのせいか?
角名倫太郎
角名倫太郎
ここは触れずに行こ
銀島結
銀島結
せ、せやなっ
















北信介
北信介
夢木やから…夢……?






声出せへんかったよな…?











でも、あん時確かに……鼻歌が聞こえた。









本人に聞いてみるんが1番やな。







______________次の日











____ガラガラッ




北信介
北信介
やっぱりここにおった












(なまえ)
あなた
??
北信介
北信介
聞いてええのか分からんのやけど



そう言うと首を傾げている彼女













スマホを取り出し【夢channel】

を開き夢木さんに向ける





北信介
北信介
これ、夢木さんだったりするん?





彼女は顔色1つ変えずに
























頭を横に振った



答えは【ノー】やった







▷▶︎▷▶︎NEXT