無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

(やっと)1話
愁
ん…ふわぁ~あ…ってなにこれ?

なんとそこには買った見覚えが無いオレンジ色のクリーパー人形が置いてありました
お母さん
お母さん
愁~、ご飯よ~?おりてきなさーい。
愁
オレンジ色のクリーパー…ま、いいや!帰ったらもう一回考えてみよう!

はーい!今行く!


数分後(これが魔法です←)
愁
モグモグ…ん、おひゃあひゃんにゅーふふへへ~?(お母さんニュースつけて)
お母さん
お母さん
あいよ、ほら(何故分かった…私!←)
お母さんがニュースをつけると、速報が入ってきた。
ニュース
ニュース
速報です。ただいま色を持ったクリーパー人形を持っている皆さんは




      我々国を管理している皆さんとお付き合いすることとなりました。
愁
………え?
お母さん
お母さん
どうしたの、愁?
愁
え、あ、なんでもないよ!お母さんのご飯美味しいなぁ~って!
お母さん
お母さん
あら、そう!じゃあ今日の夜ご飯は愁の好きなオムライスにしようかしら!
愁
ほ、本当?やったぁ、うれしい!…(苦笑い)
とりま、準備が終わりまして…学校に行くことになりました!
愁
(どうしよう…オレンジ色のクリーパー持ってきちゃった…とりあえず学校行かなきゃだよね…!)

じゃ、お母さんいってくるね!
お母さん
お母さん
はーい、いってらっしゃい!気を付けてね?変な人に絡まれないようにするのよ?
愁
わかってるってwもう高校生なんだから大丈夫だよw
お母さん
お母さん
まだ高校生だから言ってるのよ。なんかあったら連絡してね
愁
うん、行ってくる
そうして私はお母さんの過保護もありながら家を出た


私の家は母子家庭である。