無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

61
2019/08/14

第2話

#@.(Me.)
Me.
Me.
 はぁ、 
Jimin.
Jimin.
 どうしたの? 
Me.
Me.
 私にはいつ彼氏が出来るんだ(・ω・ ) 
Jimin.
Jimin.
 うーん。 
Jimin.
Jimin.
 もっと可愛くならないt……((((((( 
Me.
Me.
 あ?今なんて言った?お?お?お?((((((( 
Jimin.
Jimin.
 (・ω・ )ゴメン 
Me.
Me.
 まぁ、いいとして、 
Me.
Me.
 彼氏が一向にできないから、レンタル彼氏ってのやってみようと思いました。 
Jimin.
Jimin.
 あーなんか今流行りのやつ? 
Me.
Me.
 そうそう。彼氏がいない女の子が、彼氏がいたらこんなんだよ。ってのを体験するために男の子をレンタルして期間中だけ彼氏にする。っての。 
Jimin.
Jimin.
 へー、そんな感じだったんだ 
Me.
Me.
 でも悲しいことに自由に「じゃあ私この子!」って選べないんだよ、 
Jimin.
Jimin.
 (・ω・ )ナンジャソラ 
Me.
Me.
 なんかランダムで決められるらしくってさ、 
Me.
Me.
 ランダムで決められて1人目微妙だったらまたレンタル彼氏して二人目とかにしてくらしく、 
Me.
Me.
 (・ω・ )ジユウニキメラレナインダヨ 
Jimin.
Jimin.
 (・ω・ )ドンマイ 
Jimin.
Jimin.
 んで、そのレンタル彼氏はいつからやる気なの 
Me.
Me.
 今日 
Jimin.
Jimin.
 え? 
Me.
Me.
 だから今日 
Jimin.
Jimin.
 why? 
Me.
Me.
 今日からやってみんの。 
Jimin.
Jimin.
 ほぇえ、 
Jimin.
Jimin.
 どうすんの。めっちゃ優しくなくてめっちゃ塩対応でなんかひどい人だったら 
Me.
Me.
 その時はその時で対応する。 
Me.
Me.
 ってことでさ 
Me.
Me.
 レンタル彼氏の所に行くの着いてきてよ 
Jimin.
Jimin.
 え?  なんで俺が 
Me.
Me.
 私にはあんたくらいしか信用出来る友達いないからだわあほ 
Jimin.
Jimin.
 あほって、w 
Jimin.
Jimin.
 え、でもなんか前仲良かった女の子いたじゃん。 
Me.
Me.
 あー今あの子海外にいるんだよね。悲しいことに。 
Jimin.
Jimin.
 見ないと思ったら、 
Me.
Me.
 仕事で行ってるから迷惑だろうと思って連絡してないんだよ 
Me.
Me.
 今日してみっか。((((((( 
Jimin.
Jimin.
 ま、行くなら早くしてよ。めっちゃお腹減ってんだからさ 
Jimin.
Jimin.
 着いてってあげんだから、奢れよ 
Me.
Me.
 女の子に奢らせる気か 
Jimin.
Jimin.
 ……w 嘘嘘。割り勘な 
Me.
Me.
 (・ω・ ) 
Jimin.
Jimin.
 (・ω・ ) 












,