無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

👡
433
2022/06/17 12:37








…思ったより早く起きてしまった。










あれだよ。
次の日の遠足が楽しみで早起きしちゃう子。








私はそれをしてしまった。
あなた
こんなに早く起きてもなぁ…
















テヒョンが来てくれるのは8時。






6時に起きてしまった私は特にやる事がなかった。
あなた
いつも朝起きられないのにㅠㅠ









2時間前から準備する猛者もいるだろうけど、


私はそういう人間ではない…のでやる事がなかった。












あなた
二度寝するか…?でも、寝坊しそうだなぁ
















私は特にやる事がないので某動画アプリYを見ることにした。

















タリョラとジミンちゃんの特集ばかり見ていた私だったが、

今ではテヒョンのも見るようになった。








ジミンちゃんの釜山方言がギャップすぎて…




つらぃぃぃぃぃぃぃぃ















色々な動画を漁っている時、





私はテヒョンの熱愛報道についての解説動画が目に止まった。
あなた
イケメンだもんなぁ…仕方ないなぁ。






殆どはデマ…と言っても知るのは本人達だけ。








事実かなんて私達には分からない。



私は別にジミンちゃんが別の子と付き合っても素直に祝福派の人間だ。

だってジミンちゃんの遺伝子を絶やす訳にはいかないしね…!








テヒョンはどうだろう……



























まぁ、知らなくていいか。


知る必要は私には無い。
その動画のコメント欄を見ると

「1番ガチっぽいのはテヒョンマフラー事件でしょ。」
↪それなw
↪有名になる前のマイナーな雑誌のインタビューだからあんまり知られてないだけであれは結構ガチ。











あなた
…マフラー?
察しが悪い訳でもない私。

この言葉には心当たりしかなかった。












調べてみるとその雑誌はもう発行されてないみたいで、

月間制でテヒョンのインタビューの次の次の号で発行を辞めたらしい。






マイナーな雑誌だったから持ってる人もほとんどいない。






知る人もほとんどおらず信憑性もないことからテテペンの中では嘘と言っている人が多いのだが…。
これは…ってなってる人も多いらしい。






あなた
そんな訳ないでしょ…ㅋㅋㅋ







マフラーなんてテヒョンのことなんだから私以外に貰ってるに決まってる。





…はずだ。












はずなのに。









「練習生時代の辛い時に貰った。」

「誕生日にもらった。」


「忘れられない。」
「今は疎遠。」



















…ネットだけの情報だけれどあまりにも合いすぎて、私は分からなくなっていた。










私の勘違いとかではなく、






テヒョンの気まぐれでもなく、











長い間ずっと…?

私のことを























ー時計を見ると7時になっていた。
あなた
…そろそろ準備しないと。
 











今日折角テヒョンと会うんだから、

実際に聞いてみればいいじゃない。














私は謎の緊張と楽しみな気持ちに包まれながら、







出かける準備をした。