無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

7*
〜あなたちゃんがお風呂に入っている間〜
ナムジュン
ナムジュン
なあ、俺ら明日仕事だよな
ジン
ジン
そうだな
ホソク
ホソク
あなたどうする?
ユンギ
ユンギ
1人にしておくわけにも行かないしなっ
テテ
テテ
仕事に連れてこぉよぉー!
ジミン
ジミン
それいいね!
グク
グク
でもさ、、、
グク
グク
あなた学校あるんじゃない?
BTS
BTS
あっ
ジン
ジン
てっきり忘れてた…
ナムジュン
ナムジュン
どこの小学校通ってるんだろ
ジン
ジン
あなたにきいてみるk…
あなた
あなた
お風呂でたよぉぉぉ
ホソク
ホソク
いいところに来た!
あなた
あなた
????
ナムジュン
ナムジュン
あなたちゃんどこの小学校通ってるの?
あなた
あなた
○○小学校です…
ナムジュン
ナムジュン
(´ε`;)ウーン…
ジン
ジン
結構遠いな
グク
グク
マネヌナに車出してもらいましょ
あなたちゃん今猛烈に顔が曇っております
ジミン
ジミン
どうしたの?

そんな、
暗い顔して
あなた
あなた
え!?
あなた
あなた
あ、
あなた
あなた
いえ、なんでもないですよ!!(*^^*)
ホソク
ホソク
嘘は良くないよ!
あなた
あなた
ウッ…


  あなたちゃん泣きはじめちゃった…
  あらあら
グク
グク
もしかしてさ、
グク
グク
学校行きたくないの?

 背中を擦りながら聞いてくれるグクオッパ

 ((優しすぎでしょ))
あなた
あなた
ほんとは、、、
あなた
あなた
もう、学校行きたくない… ウッ…ウウッ
グク
グク
((やっぱりか
ジミン
ジミン
どうして行きたくないのか話せる?
あなた
あなた
う、うん。
  私はオンマがいないということでイジメられていること、
  
  いつもそれをかばってくれるのが
  ○○小学校で、すごく人気な男の子だから、
  逆にうざく見えて、蹴られたりしていること
  
  すべてを話した…