無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1*
あなた
あなた
私は今

BTSのメンバーと一緒に暮らしている…

どうしてかって?

実はね…
〜あなたの過去〜

あなた
あなた
私には日本人のオンマと、韓国人のアッパがいた…
オンマは私が小学生低学年のときに病気で亡くなった…
アッパは私を頑張って育てようとしてくれた
でも、
アッパは私を育てるのに疲れたみたい。

アッパ:公園に行こうか!

ー公園⛲ー

アッパ:ちょっと待っててねすぐ戻るから!
あなた :うん!あなたいい子でまってるからね!


〜1時間後〜
〜2時間後〜
結局アッパは帰ってこなかった

私はアッパを探しに走った
でも、アッパは見つからない…

そんなこと考えていると、雨が降ってきた
私はどうすればいいのかわからず一人うずくまって泣いていた…

そんなときに男の人が私の目の前に現れた
その人はとても優しい顔で
『どうしたの?』
と聞いてくれた。

私は混乱してて
あなた:アッパがアッパが帰ってこないよ(泣)

『オンマはどうしたの?』

あなた:オンマはお空にいるの グスッ

『じゃあさ僕の家に来ない?』
『っていうか行こうか!』

あなた:え!?

びっくりしていると男の人はかさ☔をさしながら

私のことを お姫様抱っこ してくれていた
作者だよぉ🐰
作者だよぉ🐰
長くてすみません(^_^;)

長すぎたのでここできりますね!

안녕🤗