第9話

☁️
you
you
んぁ……//あん……ふぁん…//







テヒョンは私の体のラインをなぞる












テヒョンの手が動くたびに快感が私を襲う












その手が私の秘部にきた
テヒョン
テヒョン
こんなに濡れてる
you
you
んぁ……はぁん……////きもち……い//
テヒョン
テヒョン
ふふ、あなたかわい//
テヒョンの顔が私の足の間に近づいてきた












テヒョンは私の秘部をぺろっとひと舐めした
you
you
ひやッ…////
テヒョン
テヒョン
あなた可愛すぎだろッ
you
you
そこで喋らないでぇ……//んぁ、
テヒョン
テヒョン
ふふ♡
テヒョンは熱のある舌で私の秘部を舐め回す
you
you
テヒョン//そこ……んッ//らめぇ……/////
わざとらしく音を立てながら舐め回すテヒョン











彼は敏感なところまで攻めてきて

















簡単に果ててしまった
テヒョン
テヒョン
もうイっちゃったの?そんなに気持ちよかったの?
私の顔は絶対とろーんとしてる












私の顔はテヒョンにとって興奮の材料にしかならなかった
テヒョン
テヒョン
あなた、かわいすきだろッ///







여러분 안녕하세요!
みなさん こんにちは!
この度、この作品を読んで下さりありがとうございます( *°∀°* )

テスト期間のため2月21にちまで
おやすみさせて頂きます!
21日過ぎたら連続(?)投稿しますのでぜひみてください!

突然ですか私、BL得意なんですよ←誰も聞いてねえよあほ
なので短編集もかいてみようと思いまして、
そちらも見て頂きたいです!

リクエストも募集中です!

それではまた!
あんにょん!