無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ひーくん先生②
824
2022/04/10 06:27
【日常】

これはいつもの光景。

ひーくん先生
ひーくん先生
おやつも食べたし、トイレに行くぞー
さっくん
きゃー♪
こーじ
おれが1番ー!
しょっぴー
しょうたが先!!
トイレに行くだけでテンションの上がる子どもたち。
ふっか先生
ふっか先生
あー!走っていくと危ねぇぞ!
そんなのお構いなし。

先生の静止も聞かず走っていく。

その瞬間が楽しければ良いのだ。
しょっぴー
あ!
気持ちが先走り、足が絡まって転けてしまった翔太くん。

それは、まさに運動会で張り切るお父さんのように…。
しょっぴー
いたいー!!
ダテ先生
ダテ先生
だから、走ったら危ないよって…。
大丈夫?どこが痛いの?
その場に駆けつけくれたのは、大好きなダテ先生。

痛いのと、安心したので泣き出してしまったよ。
しょっぴー
りよーたぁ😭
ダテ先生
ダテ先生
うん、だから先生って呼ぼうね。
どこ痛いの?
しょっぴー
おヒザ…いたい
ダテ先生
ダテ先生
見せてごらん?
しょっぴー
ここ…
グスン
涙を堪え、痛いところを指を差し教えます。
ダテ先生
ダテ先生
本当だ。ちょっと赤くなってるね。
あとで冷やそうか。
しょっぴー
うん…
ダテ先生
ダテ先生
お顔に傷が無くて良かったな^ ^
翔太くんを優しく頭を撫で、抱っこしてトイレに向かうダテ先生。

翔太くんにも笑顔が戻りました。






その頃、翔太くんが転んだほぼ同じタイミングで…
さっくん
いたーい!!
こーじ
うわーん!!
前を見てない、いや…見えていない、さっくんとこーじくんもぶつかってしまいました。
ひーくん先生
ひーくん先生
わぁ!!2人とも大丈夫か!?
さっくん
ひーくん先生!こーじがぶつかってきた!
こーじ
さっくんが悪い!
ひーくん先生
ひーくん先生
いや、走るお前ら2人が悪い。
取り敢えず痛いところ見せてみろ!
2人の怪我の確認をするひーくん先生。
ひーくん先生
ひーくん先生
良かった。怪我は見当たらない。
気をつけろ!もう走んなよ。
さっくん
ごめんなちゃい…
こーじ
はーい…ごめんなさい…
ひーくん先生
ひーくん先生
お互いにも謝る
さっくん
こーじ、ごめんちゃい
こーじ
おれも…さっくん、ごめんな
ひーくん先生
ひーくん先生
はい!じゃ仲良くトイレに行く!
そんで、今日は外で遊ぶぞ!
『やったー!!』

と喜ぶ子どもたちの声が響く。
ふっか先生
ふっか先生
お前たちはお利口さんだな♪
あべちゃん
だって、走っちゃダメって言ってたよ
めめ
めんどくさいし…
ラウ
ぼく、めめとお手手繋いでいく〜♪
真面目なあべちゃん。

無気力系男子のめめ。

めめ大好きなラウちゃん。

3人は仲良くふっか先生とおトイレに行きましたとさ。


今日も、すのう保育園は賑やです。



               to be continue…
元気だと怪我はしますよね…

そして、ゆり組はイチャイチャしてますw