無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

お迎え



那須side



あなたはいつも1人で努力して我慢して抱え込むから

年に数回、感情的になることがある

そうなったら迎えに行くのはなぜか俺の担当で

今もちょうどあなたを見つけたところなんだけど

ジェシーくんと一緒にいるっぽくて……










あなた「……みんなに謝りたいです」





ジェス「それでよしっ!ちょうどお迎えも来てるよ」




あなた「え?…振り返る………那須!」





『帰ろう。みんなあなたのこと待ってるよ』










ジェシーくんに挨拶をしてから

楽屋に戻るために2人でもと来た道を戻る

なにか声をかけようか俺が迷っていると

あなたがゆっくりと口を開いた










あなた「那須っていつも私のこと迎えに来てくれるよね」





『あー、なんか担当になってるよな笑』





あなた「そっか、担当か、、」





『もしかして俺じゃない方が良かった…?』





あなた「ううん。那須がいい。」





『え?』





あなた「うわ、変な顔してるー笑」





『いや、そんなこと言うと思わなかったから…』





あなた「実はさっき部屋飛び出しちゃった時も
   "きっと那須が迎えに来てくれるんだろうな"
   って思ってました、ごめんなさい…笑





『なにそれ、可愛いところあるじゃん笑』





あなた「そ、そんな簡単に女の子に対して
   可愛いとか言っちゃダメなんだぞ……!」





『なに?アイドルのくせに照れてるんですかー?』





あなた「メンバーに言われるのは違うの……っ!」










顔を真っ赤にするあなたを見て、また可愛いと思った

怒るだろうから言わなかったけど…笑

あなたがどこにいても、あなたになにがあっても、

俺が絶対に迎えに行くからね