無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

.



あなたside



ジャニーズ事務所、って一体どんなところなんだろう

東京は1回だけ観光で行ったことがあるけど

人も建物も多くてよく分からなかった

私の中で不安と期待が膨らんでいく

そんな時、ガチャっと玄関が開く音が聞こえた










ママ「ただいま〜」

パパ「あなた、良い子にしてたか?」





『ママ、パパ、お帰りなさい!』





ママ「なんだか嬉しそうね、何かあったの?」





『さっきジャニーさんって人から電話があって
 "僕の事務所に来て欲しい"って言われたの!』





パパ「すごいな〜さすがあなただ!」





ママ「そうと決まれば早速準備をしましょう!」





『うん、頑張るね!』







.



.



.



.



.







それから私は荷物の準備や手続きをした

時間は思っているよりも早く進んでいくもので

私に悩む時間すら与えてくれない

気づけば日本への出発当日になっていた