無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

.



あなたside





佐藤「ねえねえ!なんでナタリーなの?」





浮所「俺も気になる!意味とかないのー?」





『………クリスマスの日に生まれた人って意味。
 ほら私の誕生日って12月25日だから。それだけ。』










自分のミドルネームが嫌いなわけじゃない

だけどアメリカに住んでる頃からいつも

"日本人のくせに"って言われるのが辛かった

だからナタリーって呼ばれるのは好きじゃなくて…










金指「なんかかっこいいね!」





『やめて!かっこよくなんてない…っ!』





岩﨑「ちょっとあなた!どこ行くの?!」





那須「………俺、追いかけてくる」





藤井「ありがとね、那須」





金指「僕、何か嫌なこと言っちゃったのかな…」





藤井「大丈夫、一世は悪くないよ。」





金指「うん………」










私は感情に任せて楽屋を飛び出した

みんなは悪くないってわかってるのに…

久しぶりに胸が締め付けられるような気持ちを感じて

今も止まらない涙を拭いながら私は廊下を走った