第8話

8
1,631
2021/05/22 07:16



気がついたら、


社員さんは全員 退社してしまったようだ。


だ〜れもいない 静まり返ったオフィスで、


記事の復元のため キーボードを叩く。(自業自得なんだけどね)

ーーーーー そういえば、1人しかいないのに


部屋の電気 つけとくの、 もったいないなあ・・・


と、


貧乏性が 板に着いている私は、


パチンっ とオフィスの電気を消した。








その時だった。


ふくらP
ふくらP
あ〜仕事疲れたぁ

ーーーーー ガチャっ カチンっ


へ???


今、もしかして ふくらさん 外出先から帰ってきて


中が真っ暗だから


鍵かけちゃった?!?!


うちのオフィスは、


セキュリティバッチリで、特別なカード持ってる人しか


中からも外からも ロックを開けられない形式なのに・・・・・・


(なまえ)
あなた
ふくらさーーん!!

まだいるんですけどーー!!



慌てて 大きな声を出したが、


ふくらさんは どうやら もう


行ってしまったらしい。


ど、ど どうしよう・・・





伊沢拓司様
伊沢拓司様
どしたのあなたちゃん

大声出さないでよー

せっかく ぐっすり寝てたのにー




今、それどころじゃないから!!















(なまえ)
あなた
っ て 、ど う し て 伊 沢 さ ん が


ここに居るんですかぁ!!!???


どこからでてきたんですか!!??
伊沢拓司様
伊沢拓司様
え、、

あそこの隅にあるソファーで

仮眠とってた。 最近 ゆっくり寝れる時間

少なくてさ、、、
(なまえ)
あなた
そーだったんですか!

でも 伊沢さんがいてくれて 良かったぁーー

カード 持ってますもんね〜

早くオフィス出ましょう!

プリ小説オーディオドラマ