第12話

まさにし×福本大晴
大晴side







ちょっと今困ってんねん!




まっさんと大吾が俺の両端で言い合いしてんねん…




西「俺が大晴とハグするんや!」

正「俺の大晴から離れてや!俺がハグするんや!」

西「はぁぁああ??!ヒゲ男に大晴は渡しませーん!」

正「そんなお子ちゃまで大晴が振り向くと思うん???リア恋枠舐めんなや!」









あ、せやいいこと思いついた!






福「なら2人がハグすればいいやん!」



正西「はい???」


福「だから!2人がハグすればええやん?」

西「え、ちょっとまってえ?」

正「なんでそうなったん…?」







福「え?やって誰かにハグしたい同士で抱きつけばいいんとちゃうの??」








西畑side







………ただいま西畑大吾困惑中です




え、まってね?



大晴は俺と正門が誰でもいいからハグしたいと思ってんかな?



………いや鈍感すぎやろ!!?





そんなことある!?
















正門side







正門良規困惑しました。


こんなに大晴が鈍感だなんて、…




これは大晴に教えてあげるしかないな…





あ、大吾も同じこと思ってるみたいやな








正「大晴、俺らは大晴にハグしたいんやで?」


福「え?」


西「逆に大晴以外なにがあんねんこんなヒゲ男とハグしたいわけないやろ?」


正「それはちょっと酷ない?!」


西「うるさい( (

とにかく!大晴!どっちか選んで!」


福「え、えぇ………ん~」


正西「ドキドキ」


福「…2人ともじゃ…だめなん…?」


正西「ッヴ…いいで……」





そんな上目遣いで照れながら言われたらいいよって言うしかないやん!




その代わり…








西「大晴、2人とも選んだってことは覚悟できてるんやな?」


福「え?」


正「とりあえずベット行こか」



そう言って俺は大晴をお姫様抱っこした



福「え、ちょ、まっ…え?」



めっちゃ困惑してるー!可愛ええなぁ





西「あ、ずるいぞ正門!!おい!」



大吾はほっとこ笑



ガチャッポスッ



正西「じゃ、…たべてええ?」


福「ッ…!?///………ええよ、//」


西「ふふ、かーわえ、チュッ…んっ」


福「んんっ//ッふぇ…ビクッ」



大吾さりげなく大晴の唇奪いやがった…


俺は何してるかって?服ぬがしてるで??

大晴の服シャツで良かった🎶







西畑side




正門服脱がせる手際良すぎ…笑




福「だッいご…んぁっ、くちゅ、」(トントン)


急に深いキスしちゃったからすぐ苦しくなったんかな?

でもまだだーめ


大晴が可愛いのが悪いんやで?




俺は大晴の後頭部をがっちりホールドした


そして大晴の口の中を激しく掻き回す



西「んんっ、くちゅっ」


福「んはぁ、…んッ、だいご…ッんん///」



今は大晴より俺の方が高い位置におることをいい事に

大晴の口に片方だけ指を突っ込む


福「んんん!?//」


大晴が驚いているのを無視して
俺は大晴をさっきより少し上に向かせ自分の唾液を流し込んだ


福「んん…!?//…んくッ」


西「ぷはぁっ…」


福「んッ…んはぁ…はぁ、んくっ…んッんん//」



飲み込みきれなかったのか大晴の口から唾液が額を伝っていっている


西「えっろ…(ボソッ)」


福(大吾ってドSやったん…?)






正門side





なぁどう思う?



俺放ったらかしやで?





しかも大晴めっちゃえろいし、


俺もうヤッてええんか??



正「なぁ、もういれてええ?」


西「えー正門が最初~??」


正「いいやんさっきまでキスして大晴独り占めたんやから!」


西「せやな、笑最初は譲ったる!」


正「大晴…いれてええ?」


福「…うんッ…//」


大晴の許可を得れた俺は大晴の中に自分のをいれた



福「んんッ…ぁぁあ//」


正「んっ…きつ…動くで?」


福「あッ、まって、まだ…やッ」


俺は思いっきり腰を動かした


パンッッパンパンパンッッ


福「んぁぁッ…だめ、んんっひッ…」


西「こっちもいじるで」


そう言って大吾は大晴の胸を弄りだした


福「ひッッだめ、りょ、うほうはむりぃ…ッッ」


正「大晴…好きやで…パンッパンパン」


福「んはぁ、あかッん、…イグ…イクイク…ビクッ」


正「んっ、俺もッ…」



俺はもっと速く激しく腰を動かした



福「イクッ…ぁぁああああッ//ビクビクッ」


正「んっ////」



俺は大晴の中から自分のを出した


正「かわええで、チュッ」


福「んっ…はぁはぁ…まっさんも、…かっこよかったで?//」


…!?


可愛すぎ…





西畑side




なんか二人の世界入ってんやけど?



俺ももう限界やからいっか…



西「大晴~??休んでる暇なーいでっ」


俺は一気に大晴の中に自分のを突っ込んだ



福「へ?、んぁぁぁああッッ急に、だめっんはぁっ」


西「俺を放ったらかしにしたからいかんのやで?ってかいれただけでイッたん?インらんやな」パンッッパンパンパンッ



正(大吾ドSやな~…笑)



福「淫乱、なんかじゃなッッんはぁ…んんっ」


西「淫乱やろパンッパンパン」


福「んはぁっ…イクッ…イクッ!」


西「ッ…おれもッ…!」


ドピュドピュッ


福「はぁ、はぁはぁ…///」


西「ちょっと激しすぎた、ごめんなチュッ」


福「んっ///その、…気持ちよかったで…?//」


西「ッッ……///」









福「疲れた…あ、せや!」


正西「ん?」


福「まっさんも大吾も大好きやで!ギュッ」












正西「もう1ラウンド行くで」


福「へ?…」












朝までフルコースでしたとさ🥂



次❤️15行ったら書きます。







リクエストありがとうございました🙌🏻


長くなってしまってごめんなさい🙇💦