第5話

小島健×福本大晴
大晴side


ぱんパンダ~🎶

みんなおやすみっ!ぱんっ🎶

「次のコーナーは座って見ると楽しいかも!」


ふ、ふぅ~終わった❗️
ってか最後顔近かったし沢山触れられて恥ずかしかった////


なんて呑気なことを考えてたら小島に手を引かれて舞台裏まで連れていかれた


ドンッ

「耐えられへん」

「え?ちょ、んっ、チュッまっ。んぁ」


ま、まだライブ中やぞ!?!?
気持ちいけど止めなかんよな!?

「ちょ、こじま!だめ、んやって!」

「可愛いお前が悪い」

「///は?!チュッんん」

しばらく俺らはライブ中ということを忘れてキスしていた
そうすると小島が誰かに叩かれた


末「お前ら!!!何してんねんライブ中やぞ!?」

「ごめんごめん‪笑大晴が可愛くてつい笑」

「ちょ、やめてや!///」

末「お前らイチャイチャするのはいいけど時と場所を考えろ!!! スタッフさんが困った顔して俺のところ来たぞ?」

「え、見られてた…!?///は、はずかし、」

「俺の可愛い大晴見られたのかぁ超嫌なんやけど」

「ちょ、こじま!//俺可愛ないし!」

末「お前らいい加減にせいや!!!!もうほら!!はよ着替えてき!次始まるやろ!」

「「はーい笑笑笑」」







「大晴、続きは家帰ってからな?ボソッ」

「んっ、う、うん///」







✄--------------✄




ぱっと思いついた妄想で書いてみました🙏