前の話
一覧へ
次の話

第3話

3話
19
2018/09/10 10:49
ある日事件は起きた

その日は普通の日だったのに…
筆者
筆者
あっ
えっと今あなたと由紀は4〜5歳だと思っておいてください!
(なまえ)
あなた
ゆーきー
あーそーぼー
由紀
由紀
うん!
いまからいくね












あなたは由紀の家の外で待つ
(なまえ)
あなた
……………………ゆき?
(なまえ)
あなた
なんかおそいなー
(なまえ)
あなた
ゆーきー???
(なまえ)
あなた
ゆきー
いえのなかはいるよ?
家に入る
















由紀の声がしない



















玄関からリビングへ行く


















リビングにも由紀はいない




















由紀の部屋へ行ってみる












リビングにも由紀はいない















部屋のドアを開けた


























そこに居たのは
着替え途中で倒れてる由紀だった
(なまえ)
あなた
ゆき!
由紀
由紀
うっっっ
あなた……………………
たっ助けて………………
(なまえ)
あなた
ゆき!ゆき!!!!!













あなたは焦って自分の家に行く
(なまえ)
あなた
ママ!ママ!
たっ助けて。゚(゚´ω`゚)゚。
ゆきが…ゆきが…
あなたの母
えっ!由紀ちゃんが?













その後由紀は病院へ送られ
直ぐに由紀の母が駆けつけた















あなたはずっとずっと不安だった













どうしてもっと早く気づけなかったんだろうと…

プリ小説オーディオドラマ