無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

100
2019/12/07

第2話

そして商談があっさりせいりつした。
サカキのもとへサクヤは招待された。
サカキ
サカキ
よくやったな。
お前たち。ボーナスは出すから
下がっていいぞ
からはじまった。
サクヤとサカキの商談がはじまる
サクヤ
サクヤ
変化の液体の話し、
あの人たちから聞きました?
サカキ
サカキ
ああ。
それでライバルに直接頼めないなら
わたしが仲介人をしてやるがどうだ?
サクヤ
サクヤ
え?いいんですか?
サカキ
サカキ
手数料として進化の液体をあの女に渡し
貰った色違いポケモンは山分けだ。どうだ?
サクヤ
サクヤ
はい!おねがいします!!!
サカキ
サカキ
商談成立だな。
あとは…
あっさりせいりつした。
ガラル地方の研究者って
こんなチョロいやつらばかりなのか?
と偏見をもちながら