無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

13 話
無惨様
鬼舞辻無惨
少しお外に出てよろしいでしょうか?
鬼舞辻無惨
太陽が登ってぞ
いえ、私は太陽に当たっても大丈夫なので
鬼舞辻無惨
?!
鬼舞辻無惨
出てみろ
はい
外に出た
フゥー
外は気持ちいいな
鬼舞辻無惨
?!
鬼舞辻無惨
【この娘を大切にしとかないと】
どうでしょうか無惨様
鬼舞辻無惨
フッ
鬼舞辻無惨
凄い
鬼舞辻無惨
お前を上限の雫にする
【ここは、嬉しくしないと】
ありがとうございます
ザスッ
あ゛、
上限の雫
【目に刻まれた】
鬼舞辻無惨
これでいい
鬼舞辻無惨
私のお気に入りだ
あ、ありがとうございます
【お前のお気に入りなんて嫌だわワカメ←】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
だき
あなた〜
だ、だき
だき
え?上限の雫?
だき
何それ
だき
しし、雫?
うん
黒死牟
それは、無惨様のお気に入りの人だけだ
だき
凄いじぁないの!!
ふふっありがとう
あの、私出かけてくるね
だき
太陽登っているよ?
太陽にあたれるからね
だき
?!
黒死牟
?!
だき
びっくりだわね
私も
じぁバイバイ
だき
うんバイバイ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【なんでだろう】
【だきは、鬼の中でも優しいのに鬼になってしまったのかなぁ】
まぁいい
あの2人の所へ行こう