無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第138話

138*密かな夢
1,073
2021/11/21 21:00
you side


みんなが抱き合って
アマリザくんとわたしを祝福してくれた。
タロ社
タロ社
2人の幸せだけでお腹いっぱいやわ!
なんて叫んでたタロ社だったけど、
しっかりデリバリーで
お祝いパーティーをして解散となった。


わたしは音ちゃんの家に泊まることに。
音羽
音羽
あなたの活動名が俺の家来んの、久しぶりやなぁ。
(なまえ)
あなた
嬉しそうやなぁ
音羽
音羽
そりゃ、嬉しいに決まってるやん。
あんなことがあった後やし?
(なまえ)
あなた
も〜いじらんといてよ〜。
音羽
音羽
まぁでも、詳しい話は
みんなでおる時の方がええか!
今日は一緒に歌でも歌おう。
(なまえ)
あなた
いいの?!
実は、音ちゃんはもちろん、
わたしも音楽が好きで、
前は音ちゃんの家にお邪魔して
一緒に歌うこともあった。
音羽
音羽
夜やし、そんな大きい声は無理やけど
(なまえ)
あなた
嬉しい!楽しみ〜
コンビニでお酒を調達して、
一緒に呑みながら歌うことに。

音羽
音羽
幸せな夜にかんぱーい
(なまえ)
あなた
ふふ、かんぱーい
缶と缶をコツンと当てて
2人だけの宴が始まった。
音羽
音羽
あ〜、ついにあなたの活動名にも春がきたか〜。
嬉しいような、寂しいような
(なまえ)
あなた
なんでよ笑
音羽
音羽
あなたの活動名はフォーエイトの姫やからねぇ。
(なまえ)
あなた
姫はあみかやろ〜
音羽
音羽
あみかはJKのわりに大人びてるからなぁ
(なまえ)
あなた
それって、わたしが子どもやと…
チラッと睨みをきかすと、
音ちゃんは笑い出した。
音羽
音羽
フォーエイト女子唯一の清楚系やから!
いい意味で何にも染まらないというか、
純粋というか
(なまえ)
あなた
じゃあフォーエイトのピュア同士やな。
なんも進展しなさそう笑
音羽
音羽
自分で言ってもうてるやん笑
今日のでアマリザが意外と男らしいって
分かったからビックリやわ。
(なまえ)
あなた
ね、わたしもビックリした
恋バナもほどほどに、
フォーエイトや音ちゃんの歌を歌って
夜が更けた。
音羽
音羽
俺の密かな夢聞いてくれる?
(なまえ)
あなた
なになに?
音羽
音羽
あなたの活動名と2人で歌をみんなに届けること。

「わたしなんかと出したらあかんよ」


そう言いたかったけど、
真剣な表情をする音ちゃんに
そんなこと言えるわけなかった。