無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

672
2021/11/24

第141話

141*怖がりすぎ
otoha side


あなたの活動名と旧事務所で2人きり。


カメラを回しつつ、メイクを始めた。
音羽
音羽
ちなみに今日は
ウィッグも持ってきてるで
(なまえ)
あなた
ほんまや!
完璧音ちゃんなれるやん!
思った以上に喜んでくれて、俺も嬉しい。


撮影の時間もあるから、
そんなにゆっくりもしてられへん。

テキパキと進めていってた時、
あなたの活動名が話し始めた。
(なまえ)
あなた
昨日、教えてくれた夢の話やねんけど…
音羽
音羽
おお、どうした?
カメラ止める?
(なまえ)
あなた
ううん。
わたし、正直言うと
音ちゃんと歌ってみたいと思ってる。
だから、昨日ほんまは嬉しかってん。
思ってもなかった急な話に
返事がうまくできひんかった。
(なまえ)
あなた
ただ、怖いねん。
人を裏切るのも、裏切られるのも。
音羽
音羽
そう思ってんのは、
あなたの活動名だけじゃないよ
(なまえ)
あなた
わかってるけど…
音羽
音羽
みんなの前で堂々とできるような
素敵なものをあなたの活動名はいっぱい持ってる。
だから俺も、メンバーも、ファンも、
あなたの活動名を求めるねん。
(なまえ)
あなた
…怖がりすぎ?
音羽
音羽
怖がりすぎ。
たとえ失敗したって、
責める人はおらん。
(なまえ)
あなた
でも、そうする人だって…
音羽
音羽
「君の良さが分からん奴は置いて行け」
俺の座右の銘。
頑張ってるあなたの活動名の良さが分からん人は
ほっといたらええ。
鏡越しに目が合った。


あなたの活動名の心にある不安で
瞳が揺れていた。
音羽
音羽
俺に、任せてくれへん?
絶対、あなたの活動名の自信になる曲作るから。
俺もせこいなぁ。

あなたの活動名が断りづらいような言い方して。



でも、チャンスやと思った。

あなたの活動名が大きな一歩を踏み出すためには、
誰かの力が必ずいる。


その誰かに、俺はなりたい。