無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

263
2021/09/17 14:44
あなた
ケホケホッ...
秀太
秀太
頑張ったね、偉いよ
そう言って、
あなたの頭をポンポンと撫でる
あなた
んぅ...みーちゃん
秀太
秀太
実彩子に会いたい?
頷くあなた
秀太
秀太
ちょっと待ってて
廊下に出て、宇野に連絡する
実彩子
実彩子
【わかった、すぐ行くわ】
秀太
秀太
【お願い】
秀太
秀太
実彩子すぐ来るって、良かったね
『にこっ』と嬉しそうに笑みを浮かべる
あなた
ケホッ
ガラガラ
実彩子
実彩子
あなたちゃーん、来たよ〜!
秀太
秀太
あ、来た!
あなた
ん...ッ
あれ...?




さっきまで笑ってたのに、




なんだか表情が冴えない
実彩子
実彩子
あなたちゃん?
あなた
ゲホゲホッ...ハァ...ハァ
急に咳込みだしたかと思うと、




呼吸が乱れ始める
秀太
秀太
発作だ!
おかしいな、さっき吸引したのに
背中をさすりながら、実彩子が吸引の準備を始める
あなた
や...ゼェ...くるしいの...ヒュッ
実彩子
実彩子
すぐ終わるから、あーんしてね〜
口が開いたのを見計らって、


半ば強引にカニューレを入れて吸引する
あなた
ゴホゴホ...ンッ...!!
秀太
秀太
終わったぞ、よしよし
吸引が終わり、



疲れたのか、眠そうにしている
実彩子
実彩子
お疲れ様、寝ていいよ๑ᴖ◡ᴖ๑
あなた
んぅ...みーちゃん、ぎゅーして
実彩子
実彩子
はーい
背中トントンしてたら



すぐ眠りについたっぽい
秀太
秀太
最近色々あって寝れてなかったもんな
実彩子
実彩子
そうね、ぐっすり眠ってくれてよかった