第15話

3僕ゾム×トントン×鬱先生【2】
トントン
じゃあ大先生、自分で脱いでくれへん?
ゾム
俺らの目の前でな!
鬱先生
ふぇ///ふ、2人の目の前…で?
トントン
そう。
鬱先生
恥ず…
トントンに凄いことを言われ少し困惑したが僕は上着を脱ぎカッターシャツを脱ぎ
そしてズボンに手をかけた
ゾム
あれ?もう大先生勃ってるやん
ゾム
はやない?ww
トントン
期待しまくりか?
鬱先生
っ…
ズボンに手をかけするっと下を全部脱いだ
鬱先生
ふっ…///恥ずかしぃ……
トントン
やっぱりすげぇ綺麗な肌してんな
トントンに腰あたりをすっとなぞられる
鬱先生
んっ……
ゾム
そんなんで感じるんや…
次の瞬間僕はゾムにベットに押し倒された
ゾム
ははっ…理性が…ww
鬱先生
ゾム…
ゾム
トントン、大先生の口もらうわ
トントン
しゃあないな
鬱先生
ゾムぅ……
名前を言ったあと唇に噛み付くようにキスをされた
ゾム
んっ
鬱先生
んんぅ…んぁ…
酸素を吸うため少し口を開けるとゾムの舌が入ってくる
鬱先生
んっ……っ……ふっ…ん
ゾム
あはww
ゾム
もうトロトロやな
視界が歪む。生理的に涙が出てきた
トントン
やばい俺めっちゃ我慢きついんやけど
ゾム
ええで、トントンに譲るわ。




✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
りゅー
りゅー
お気に入り100突破…ありがとうございます!!
りゅー
りゅー
更新頻度は低いですがこれからもよろしくお願い致します(*´˘`*)