無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

はじめまして。
()…気持ち 〔〕…行動
(なまえ)
あなた
(疲れた…。ここがシェアハウスか。)
おじ
おじ
あー、良かった!!
あなたが無事にここに着いて!!
(なまえ)
あなた
バカにしないでよ。
もう大人なのに。
おじ
おじ
ごめんよ(笑)
さ、入ろ!!
(なまえ)
あなた
大きいねー。
おじゃましまーす。
シルク
シルク
あ、はーい
おじ
おじ
シルクくん。
今日からこちらに住むことになった
あなたです。
シルク
シルク
おー!!あなたって言うんだね。
よろしく!!
(なまえ)
あなた
こちらこそ。
おじ
おじ
あれ??今、家にいるのシルクくんだけ??
シルク
シルク
マサイもいます。
編集してます。
おじ
おじ
そっか。じゃあ私はここで。
あなた、何かあったらすぐ連絡してね。
(なまえ)
あなた
はーい
シルク
シルク
…。
あれ、どうした??
(なまえ)
あなた
…。
あの…フィッシャーズですよね…!?
シルク
シルク
おう。
(なまえ)
あなた
私、すっごく好きで!!!!!!
え、夢ですか!?
シルク
シルク
〔あなたのほっぺをつねる〕
(なまえ)
あなた
痛い!!!!!!
シルク
シルク
痛いって事は現実じゃーん笑笑
(なまえ)
あなた
ほんとだ…
マサイ
マサイ
〔2階から降りてくる〕
シルク
シルク
あ、マサイ!!
(なまえ)
あなた
えええええ!?
シルク
シルク
www
(なまえ)
あなた
え、あの…。
もしかしてなんですけど…全員いるんですか??
シルク
シルク
うん。もちろん。
マサイ
マサイ
何この子、
おもしろい笑笑
(なまえ)
あなた
この私がここに住んでもいいんでしょうか…
シルク
シルク
ここに住む以外、選択肢ある??
(なまえ)
あなた
〔首を振る〕
モトキ
モトキ
〔玄関を開ける〕
ちょ、玄関で何してんの!?笑
シルク
シルク
おー、モトキー。
(なまえ)
あなた
えええええ!?
モトキさん!?
シルク
シルク
あ、この子ね、今日からここに住むの。
このシェアハウス経営してるのが、
あなたのおじだから。
(なまえ)
あなた
よろしくお願いします!!
モトキ
モトキ
こちらこそー。
シルク
シルク
で、この子はウオタミさんなの(笑)
モトキ
モトキ
へー!!
シルク
シルク
オーナーから誰と住むのか
言われてなかったらしくて笑
(なまえ)
あなた
〔うなずく〕
マサイ
マサイ
ねえ、まず入ろ!?笑
シルク
シルク
だね笑
今日から、
ずっと好きだった人達とシェアハウス。


どんな事があるんだろう。

楽しみ。