無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

やっぱ皆といるのが1番!!
(なまえ)
あなた
ねぇ…。シルク…腰痛い…。
シルク
シルク
…。ごめん~。(とか言っておいて俺も腰痛い)
マサイ
マサイ
えっ!?まさかぁ!?
ダーマ
ダーマ
まーさーかーのー!?
ぺけたん
ぺけたん
まさかまさか
ンダホ
ンダホ
まさぁか
モトキ
モトキ
まぁさぁかぁ
ザカオ
ザカオ
ヤったんですか!?
マサイ
マサイ
2人とも顔真っ赤~
(なまえ)
あなた
はい、そうですね、しました(棒)
シルク
シルク
ちょっwあなたw
(なまえ)
あなた
認めなきゃ言い続けるから面倒くさくて
シルク
シルク
まー、いいや
ダーマ
ダーマ
フォー!!!!
ザカオ
ザカオ
ダーマテンション高っ笑笑
モトキ
モトキ
え、シルクなの??
(なまえ)
あなた
へ??
モトキ
モトキ
あの時、箱推しって言ってたけど
ホントはシルク推しなんじゃないかなーって
(なまえ)
あなた
…。
ぺけたん
ぺけたん
シルク推しなんだ??
(なまえ)
あなた
〔うなずく〕
それを聞いてきたシルクは顔が真っ赤になっていた。
シルク
シルク
(なにコイツ…嬉しいこと言ってくれんじゃん)
ぺけたん
ぺけたん
あ、別に怒りとかはしないから気にしないで!!
シルク
シルク
(また襲いたくなるじゃん)
ンダホ
ンダホ
シルクー、何考えてるのー??
ザカオ
ザカオ
もしかして、あなたのこと??笑
シルク
シルク
ちがうことでーす
ンダホ
ンダホ
ホント??笑笑
一日中みんなからいじられ続けました笑笑