無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

えっ!?
シルク
シルク
俺だけのあなただから。
サラッと言った!!!!

恥ずかしくないの~!?
(なまえ)
あなた
…。
他の人とはヤるつもりは無いから。
シルク
シルク
おう。なら良かった。
(なまえ)
あなた
(なんでフツーの顔していられんの!?)
シルク
シルク
おやすみ。
(なまえ)
あなた
(私もシルクの事好きだからいつかは言いたい…。)
そして、またあなたは編集を始めた。



その頃、シルクは顔が真っ赤になっていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主
作者です!!

小説を読んでいただき
ありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))



次回からは7人との休日の過ごし方を小説にします!!
(7人の出せるように頑張ります!!)

(やっべぇ、語彙力…。)
シルク
シルク
www

語彙力なーい笑笑
主
最後の方真っ赤になってたくせに
シルク
シルク
それは関係なーい!!!!!!
主
それでは~
フィッシャーズ
フィッシャーズ
アデュー!!!!!!