無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,630
2018/03/01

第14話

自分の思い
あなたside

実は亜嵐くんと会った日から少しずつおかしい。
亜嵐くんのことわかるようでわからない。
もしかして記憶が戻って来てるの⁇
入学式が終わってお母さんに亜嵐くんのことを話したら
お母さんは亜嵐くんのこと覚えてた。
ほんとに私と亜嵐くんは恋人同士だったんだ。
嬉しいような複雑な気持ち。
海外に行く前に解約したスマホをお母さんにもらった。
アルバムを開いたら亜嵐くんとの写真がいっぱいあった。
見ていたらなぜか泣いてしまっていた。
胸が苦しい。
思い出したくても思い出せない記憶。
なんで病気になんてなったんだろ。
もし私が病気にならなかったら今までの時間も
亜嵐くんと過ごせていたのかな。

私は激しい頭痛に襲われた。
頭が痛い。どうしようもないくらいに痛い。

私はそのまま寝てしまった。
次の日、頭痛は治っていた。
あの頭痛はなんだったんだろう。
亜嵐くんと一緒に登下校して
家に帰って暇な時はほとんど亜嵐くんと連絡を取って、
家が隣同士で部屋は向かい合わせ。
部屋の距離は1Mちょっと。
会いたい時はほとんどいつでも会える。
なにをするときも亜嵐くんが私の頭の中にいて
気づいたら亜嵐くんのこと考えてる。
もしかして私
あなた
亜嵐くんのことが好き‥なのかな。