無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

僕たちの純粋な弟
ソクジン
ソクジン
みんな〜起きてぇ〜
ジミン
ジミン
んぅ、眠たい(._.)zzzz
テヒョン
テヒョン
んぅ!いっぱい寝たぁ!(≧▽≦)
ジミン
ジミン
ジンヒョン!グガ起こしに行っていいですか?
ソクジン
ソクジン
でも、寝てたら抱っこして連れてきてね!
ジミン
ジミン
は〜い!
〜グガの部屋〜
ジミン
ジミン
グガぁ〜
グク
グク
んぅ。まだねんねする
ジミン
ジミン
じゃあ、ヒョンも一緒にいい?
グク
グク
うん
バサッ
ジミンが布団に入るとグクはいきなりジミンのオッパイを吸ってきた
グク
グク
チュパチュパ
ジミン
ジミン
んあっ///グガぁ〜やめてっ///んぅあうっ
ジミンは大きく喘いでしまってみんながグガの部屋に集まった
BTS
BTS
どうしたの!?(ジミンとグク以外
テヒョン
テヒョン
ああー!!!!僕のおっぱいなのにぃ!!!グガどいて!
グク
グク
んぅ、うぇーん(泣)うぇーん(泣)
ジミン
ジミン
びっくりした////
ソクジン
ソクジン
ジミナ、これはどういうこと?\(·0·)/
グガには、こういうことしちゃだめって言ったでしょ!
テヒョン
テヒョン
ひどいよ、ジミナァ!!僕がいるのにグガばっかりかまってぇ、そんなにグガがいいならグガと付き合えば!!!うぇーん(泣)
ジミン
ジミン
いや!これは違うんだよ!
ソクジン
ソクジン
じゃあ、どうやって説明するの?
テヒョン
テヒョン
そうだよ!
ジミン
ジミン
実は



〜説明〜
ジミン
ジミン
こういうことなんです。僕もいきなり吸われてびっくりひました
テヒョン
テヒョン
今日エッチするんでしょ!
ジミン
ジミン
夜のお、た、の、し、み、❤
テヒョン
テヒョン
(/・/〜/・/)ゞ
グク
グク
エッチ?なにしょれ?
ソクジン
ソクジン
まただ、グガはそういうの知らなくていいんだよ!
とりあえずご飯食べよっか!
グク
グク
うん!食べる!
ナムジュン
ナムジュン
ヒョン僕たちあと少し寝ます。
ホソク
ホソク
昨日ヤりすぎた。
ジミン
ジミン
ヒョンたちまた、夜の運動したの?
グク
グク
え?昨日マラソンしたの?
ソクジン
ソクジン
もうっ!ジミナァ、駄目って言ってるでしょ!
ジミン
ジミン
ちゃんと言い方変えましたよ!
ソクジン
ソクジン
そういう問題じゃないの!
ソクジン
ソクジン
とりあえずご飯食べよう!
〜朝ごはん〜
グク
グク
モグモグモグモグ('h')モグモグモグモグ
ジミン
ジミン
ぐがは、美味しそうに食べるね!\(^o^)/
テヒョン
テヒョン
ジミナ、アーンってして!
ジミン
ジミン
いいよぉ!今日のテヒョナは甘えん坊だねw
はい、あ~ん
テヒョン
テヒョン
あ~ん‥モグモグ美味しい!
ジミナがあ~んってしたらやっぱり美味しいね!ニシシッ
ジミン
ジミン
そうかな?w
グク
グク
テヒョニヒョン!あ~ん
テヒョン
テヒョン
あ~ん‥モグモグ
グガのも美味しいよ!
グク
グク
ほんと!ありがとう
ソクジン
ソクジン
本当に仲いいよねw
グク
グク
今日ね、公園行きたい!
ジミン
ジミン
ンフフッ、いつも言ってるでしょ!w
テヒョン
テヒョン
え〜、僕も行く!
グク
グク
じゃ、早く行こう!
ジミン
ジミン
うん!
テヒョン
テヒョン
ジミナ、シーソーしよ!
ジミン
ジミン
wテヒョナはやっぱり子供だね!
テヒョン
テヒョン
別にいいでしょ!
〜公園〜
グク
グク
うわぁ!ブランコだ!ジミニヒョン!あれ乗っていい?
ジミン
ジミン
いいよ!
テヒョン
テヒョン
ジミナ、僕も乗るぅ!
ぶら~んぶら~んぶら~ん
ジミン
ジミン
テヒョナ!楽しいね!
テヒョン
テヒョン
うん!デートみたい
バタッ





僕達がよそ見しているとグガは、ブランコから転げ落ちていた
テヒョン
テヒョン
グガ!?大丈夫?
ジミン
ジミン
早く家帰ろ!!!手当しないと!
グク
グク
立てない。
テヒョン
テヒョン
あっ、そっか。
ヒョンがおんぶしてあげる。
おいで?
グク
グク
うん。ありがとう














〜お家〜
家につくと、ジミナとテヒョナは急いで、リビングにグガを連れて行った。
ジミン
ジミン
テヒョナ、ぐがのこと見といてね。
僕、絆創膏持ってくる。
テヒョン
テヒョン
グガ一回座ろっか!
グク
グク
うんっ。んぅ、うぇーん(泣)痛いよぉヒョン
んぅぅぅ、い"だい"よぉ
テヒョン
テヒョン
ジョングガ?!どうしたの?
ジミン
ジミン
テヒョナ!?どうしたの?グガどうしたの?そんなに痛い?病院行く?
テヒョン
テヒョン
あっ、そっかグガお友達がいたから我慢してたでしょ?こういうときは我慢しなくていいんだよ?
グク
グク
んうぅ、わかった。
僕達は、公園でいっぱい遊んだせいか、いつの間にかお昼寝をしていた。
ジミン
ジミン
んぅ、テヒョナぁ今何時?
ユサユサ
テヒョン
テヒョン
えぇ?わかんない
シャァー



カーテンを開けると、外は真っ暗で、ヒョンたちは買い物に行っていた
ジミン
ジミン
グガ、汗もかいたしお風呂に入ろっか?
グク
グク
うん!入る!
テヒョン
テヒョン
僕も入る!!
〜お風呂〜
グク
グク
テヒョニヒョン
テヒョン
テヒョン
何?
グク
グク
なんでこんなに、おちんちんが大きいの?
僕のはこんなにちっしゃいのに。
するとぐがは、僕のあそこをツンツンしてきた
テヒョン
テヒョン
ンアッ////グガぁ、ダッメッ、くすぐったいよぉ///
ジミン
ジミン
もう!グガだけいんちき
今度はジミナまで僕のおっぱいを触ってきた。
テヒョン
テヒョン
んぅ、おっぱいだめぇ////触らないでぇ




続く
作者
作者
変なとこで終わってすいません!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍎林檎🍏
🍎林檎🍏
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る