無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ジョングク
ジョングク
じゃあ中入って(*^^*)
私は家の中に入った
You
You
ジョングク
ジョングク
じゃあ君の部屋案内するね。
You
You
…え
ジョングク
ジョングク

どうしたの?
You
You
部屋…使っていいの…?
ジョングク
ジョングク
もちろん!
ジョングク
ジョングク
君の部屋は2階だよー
You
You
~部屋~
そこには可愛らしいフカフカなベットがあった。
You
You
わぁ…
You
You
…ほんとに、いいの…?
ジョングク
ジョングク
いいよ〜
You
You
(*´˘`*)
ジョングク
ジョングク
…やっと笑った!
You
You
ジョングク
ジョングク
ずっと無表情だったから…
You
You
ジョングク
ジョングク
好きに見て回ってくれていいよ!
ジョングク
ジョングク
終わったら下に降りてきてね。
You
You
…(。_。`)コク
部屋には本や可愛らしいぬいぐるみ、
それにクローゼットには綺麗な洋服が
並んでいた……
You
You
…きれいなところ
~~~~~~~~~~
ジョングク
ジョングク
お、きたきた!
ジョングク
ジョングク
ここ座って〜
You
You
私はソファに座った。
凄くフカフカでびっくりした
You
You
ジョングク
ジョングク
君の名前決めたいんだけど
こんなんがいいとかあったりする?
You
You
…((_- )( -_)) ウウン
ジョングク
ジョングク
分かった。
ジョングク
ジョングク
実はもう決めてあったんだ。
今日から君はあなただよ!
ジョングク
ジョングク
よろしくねあなた!
You
You
…(。_。`)コク