無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

256
2021/10/06

第10話

友達以上を望みたい。【Kr】
あなた

うわぁ……………

死ぬほどお腹いてぇ……………

女死会が終わった…

ただ私が殴られ蹴られるだけの放課後クラァブ☆
殴りすぎだろ…ん?蹴ってたのか?まぁどっちでもいいや…
あなた

うっし…………帰ろ…

きりやん
あ〜あなた!
うわぁ……………………1番会いたくないやつにあった…
きりやん
なんでそんなに、嫌な顔してるんですかねぇー?
あなた

…してないし。

きりやん
癖出てるwあなた嫌なことあったり、隠し事する時間が空くから。
勘だけはいいですねぇ???
きりやん
…………っし!帰りNakamuがバイトしてるクレープ屋よってくぞ!!!!
あなた

え?マジで??奢り??

あなた

いやーやん氏は最高ですなぁ〜w

きりやん
いや…奢らないからね?
あなた

ケチ…

きりやん
じゃぁ、俺が言う条件飲んでくれたらいいよ〜
サイアクナミライシカミケンノダケドモ??
きりやん
そんなことより…行くぞ!!!!
あなた

へぇーい














うめぇΨ( 'ч' ☆)
きりやん
wwwwwww
あなた

何笑ってんだよ!?

きりやん
いやぁw子供だなとwwww
あなた

はぁ!?

Nakamu
喧嘩すんな〜似たもん夫婦
あなた

Nakamu…どつかれたいんか??

Nakamu
いやっ結構でーすw
きりやん
あ、Nakamu店長呼んでるぞ〜
Nakamu
あ、マジ?じゃ!あなたバイバイ〜
あなた

ん!

クレープ食べながら手を振り送る
食べ終えたところで私はきりやんに聞いた。
あなた

で、何?条件とは

きりやん
んー?あ〜それ?
きりやん
最近ね、あなたくらい時があるからなにかなーって
クレープをもぐもぐと食べつつ彼は言う。
私がクラスの女子…いや学校全体の女子を敵に回している要因の彼は何かと勘がいいらしい………
あなた

…別に〜

きりやん
………そっか
あなた

あ、ところでさー

きりやんがこの話を深堀する前に先手必勝…ゲームの話をふった
きりやん
あ〜それね………
いい感じの頃合になり、さて帰るかとなった。
店を出て、家までの通路を歩く。
とうとう私の家の前まで来た。
あなた

じゃ!また明日な〜

そう言ってきりやんに背を向け玄関を開けようと鍵を出す。
そして、鍵穴に鍵を入れる
はずだった
鍵を手に持っている腕は、彼の腕に捕まっていた
きりやん
あなた………
寂しそうにそして、悲しそうに私の名前よ呼ぶ彼
あなた

何?どうしたの??

私はわざと明るく答えきりやんの方を向いた。
息が止まりそうだった
さっき見せた笑顔とは裏腹に目にいっぱいの涙をためて、まゆげをさげ

心配そうに悲しそうに私の顔を見ていた。
きりやん
あなた…殴られたり蹴られたりされてるのいつから?俺のせい?なんで言ってくれないの?
早口にそうまくし立て力ずよく私の腕を引っ張る。
あなた

ちょ!!わぁ!?

女子とは思えない可愛げのない声をあげてきりやんのほうに体が傾く
マジで?   そう思った時には私は彼に強く抱きしめられていた
あなた

ねぇ?!どうしたの!?

きりやん
………俺そんなに頼りない?
あなた

なんで!?

きりやん
俺のせいであなたがいじめられてるんだったら…あなたを守るのは俺の務め。
きりやん
でもその前に……………女子を守る…ましてや好きな子を守りたいって、思ってるんだよ。男子は
あなた

ん?!はい!?なんと!?

何を言ってるんだやん氏は……………私のことを守りたい?好き?   嘘だぁw
きりやん
あ、今嘘だって思ってるでしょw
な ぜ バ レ る
きりやん
俺は本当にあなたのことが大好きなんだよ!!!!
そう言って私を抱きしめる強さを強めた
あなた

ちょいちょいちょいちょい!!!!死ぬって!!!!おい!

きりやん
っ!あ、ごめん!
こんな歳で死にたくねぇ〜
あなた

………ありがと

きりやん
お、とうとう俺の言葉が響いた??
あなた

なんでそうなんだよ…………

あなた

てか、n(((「なんでわかったの?」

きりやん
だろ
私の言いたいことを遮り、発言しましてやドヤ顔をかましたきりやん。
あなた

…そうだよ!

きりやん
なんでわかったの?………か、
きりやん
俺の友達の情報網知ってる??あなたさーん?
煽りを入れつつ言ってくるやん氏にムカついたので蹴り1票
きりやん
いだっ!?
あなた

ざまぁwww

きりやん
くっっそ
きりやん
いってぇ………
あなた

wwww

笑ってる私に指さしニコッと笑い彼は
きりやん
ほらあなたは笑顔が1番。
そう言った
そーゆー事に言われ慣れてない私は耳が熱を持ったのがわかった。



絶対これ耳赤くなってるじゃん…
きりやん
あ、照れた?ん〜そーゆー顔も可愛いなぁ〜
あなた

またけっくらかすぞ?

きりやん
おぉ怖っw
そうおちゃらけて言ってたけど急に真剣な顔つきになって
きりやん
あなたがこうなったのは俺のせいだし。第1俺はあなたのことが好き!!!!
きりやん
と、言うわけで一生楽させてあげるし楽しませるから
きりやん
友達以上を望みます…
まるでプロポーズみたいなことを言ってた私を見つめた彼
そんなん…アレじゃん…
あなた

やん氏は、こんな奴でもいいの?馬鹿だしガサツだし…ましてや女子っぽくないし

きりやん
そんなの関係ない。あなたは、あなた。そんなあなたのことが俺は好き
あなた

恥ずかしいことズバズバ言うなぁw

きりやん
………うるさい!!!!で、返事は急かすつもりないけど?
あなた

それは世間で急かすっつーの…………

あなた

……………きりやん。

きりやん
ん?
あなた

一生やしなえ。楽させろ

吐き捨てるように言った私の言葉を聞いてきりやんはとても嬉しそうに
きりやん
当たり前
そう言った













後日談
あなた

ねぇ?!暑苦しいんですけど!?

きりやん
クラスのやつら…………世界中のヤツらにあなたは俺のだっ!て主張してる
あなた

うるせぇやつがさらにうるさく

クラスでベトベト引っ付くきりやんに何かを察したのか女子たちは何も言わない。
 




(本当はあなたをいじめていた人たちをきりやんと、その仲間たちが半脅ししたんですけど)
作者(翡翠 悠)
作者(翡翠 悠)
んー?んー?やん氏の口調あってっか?そして、告白シーンってこんなんなのか??分からねぇぇぇぇ
作者(翡翠 悠)
作者(翡翠 悠)
そして、明日(今日w) 10月7日 中間テストぉぉぉ 爆発しろ学校よ テストの日だけw
作者(翡翠 悠)
作者(翡翠 悠)
まぁそして、恒例のアレですよ………スマホ没収伏線がっ!!!
作者(翡翠 悠)
作者(翡翠 悠)
更新なかったり垢無かったらそーゆー事です。はい。
作者(翡翠 悠)
作者(翡翠 悠)
毎度毎度ごめんなさい!!!!!!!!!!!!!!!
作者(翡翠 悠)
作者(翡翠 悠)
私は、決心しました。次の期末と学長はガチで勉強しようと。
作者(翡翠 悠)
作者(翡翠 悠)
オタクしながらwスマホいじりつつ…
作者(翡翠 悠)
作者(翡翠 悠)
以上…近状報告です。