無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

☑︎2










スタッフ「あなたちゃーん!本番10分前ね!」



「へ、あ、はいっ!」












スマホの画面を固まって見ていたからか、スタッフさんにどうしたの?って心配された。



咄嗟に、なんでもないですって言っちゃったけど、



これ結構...やばくない?



だって私、仮にもファンだったんだよ。











?「ほ、本物、だ!!」



?「声掛けなよっ」



?「俺無理だしっ」



?「いや誰だって無理だわ笑」












聞き覚えのある声が後ろからする。



これは...



非常にまずいんじゃないか。



あんまり関わったら良くないから、逃げ出そうとした...けど。



足が、足が動かない。



ダメだよ、早く逃げてよ、



ファンとタレントが関わっちゃダメなんだよ____




















京本「あの!!!中島さんっ、」