無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

☑︎15










平野「ひらのです!!!!!」



「平野紫耀さん...!!!!!」



目黒「え、あなたって紫耀君のこと好きだっけ」



「や、好きじゃないにしてもスーパースターが居るんだから」



目黒「俺はスーパースターじゃないと...」



「いやそう言う意味じゃないけど」←



平野「ねぇすごい!!!岸くん見て見て顔ちっちゃいよ!」



「岸くん...!?」



岸「あども!!!岸優太でっす!!!!」



「...蓮、何人呼んだの」



目黒「...あと1人来ます」



「私帰る」←



平岸「あー待って待って待って」←



「何でしょう」



平野「今日は岸くんが中島さんに言いたいことがあって」



「?」











早く言いなよ、なんて男子校のノリで言う蓮と平野さん。



私、岸さんと接点あったっけ...?



昔映画の宣伝でちょっとだけお天気コーナーに顔出てたりしたけど。











岸「あっ、あのですね!!!!!」



「は、はい」



平野「声でか」←



岸「に、24時間テレビ!!!!よろしくお願いしますっっっっ」



目黒「え、あなた24時間テレビ出んの!?」



「あ〜...うん」



平野「えなんでなんで!!!」



「あの、私お天気キャスターのイメージが強いかもだけどちゃんとしたアナウンサーだから」



目黒「え、あの人は?」



「わかんないけど多分水卜さんの代わりなのかな、私」



平野「ほぇ〜すご!!」



「...あ、そっか岸さんパーソナリティーだからか」



岸「あ、そうっすね!今日言いたいことはそれだけです!!(?)」



「あぁ、どうも、」











私は次の日の準備とか色々あったから、家まで蓮に送ってもらった。















ちょっとだけ、



ちょっとだけど、



京本くんを期待してしまった自分を殴ってやりたい。










┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

読み逃げ辛いです🤚