無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

☑︎16










「「かんぱ〜〜い!!」」













打ち上げという名の飲み会。



コロナのせいもあるから誰かの家で呑もう、そうなった結果、



広い家の方がいいよねってなって。



岸さんのお家にお邪魔してます。










「あの...なんで、私まで」



増田「あ、ごめんね中島さん。岸がどーしてもって」



岸「うえっ、増田くんだって『中島さん誘ってよ』って言ってたじゃないすか!!」



増田「岸もツンデレだな〜」



岸「だから違いますってぇえぇ!!」←










でも、私みたいなアナウンサーがつかつかとアイドルの家で呑んで、



帰る時に撮られたりしても大変だ。











「あ、あの...私、会社に忘れ物して来たので失礼しますね」



岸「えぇ、もう帰っちゃうんすか?」



「ごめんなさい...お邪魔しました」



増田「あ、じゃあね〜!!」











お酒で酔ってるから、という理由で岸さんが送るよって言ってくれたのを丁寧に断って会社とは反対方面に歩き出す。



腕時計の針は、日付が変わる頃を指していた。



駅までは遠いし、タクシー呼ぶにも車あんまり通ってないし...



家まで歩いて約30分。



...酔い醒ましに歩こうか。



暗い夜道ということもあって足を早めたその時。













?「...中島、さん?」