無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

☑︎19
:京本:













「...忘れられるわけ、ないじゃん、」












中島さんがマンションに入ったのを確認して車を発信させる。



てか、俺なにしてんだよっっ!!!!!



はっと我に返り、慌てて車を路肩に止めた。










「だって、だって、彼氏じゃないのに、あんな怒って、」












無理、え、嫌われた、さいっあく、



しかも最後の...あれなに?(












『期待、しちゃうから』
















え、こっちこそ期待していいんですか???



期待しちゃうから?



え、何を期待しちゃうの?










「...わかんないよ、」





















  《あい。どした?》



「あーのさぁ、今から家、行ってもいい?」



  《え、今ひとり?》



「うん、そうだけど車だからお迎え大丈夫」



  《おっけーわかった、鍵開けとくから》



「うん、ありがとう」



  《気をつけるんだべ!!!》



「分かってるよ笑」














ここは″あの人″の出番だね。