無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

6時56分の天使










『時刻は6時56分になりました、ここからは天気予報の時間です!』












京本「あ!″天使タイム″始まったよっ」



田中「まじまじまじまじ?」



ジェス「今日も爽やかだね」



髙地「笑顔がマブシイ」←



森本「あ、今日傘いるんだって」



松村「天使ちゃんが言うなら何本でも持ってくわ」←










_別のお部屋では











髙橋「あ!天使ちゃんだっっ!!!!」



神宮寺「相変わらず天使ぃ...」



平野「天使っ天使っ♪」



永瀬「ほぉ、今日傘いるんや」



岸「あ...天使ちゃん...(寝ぼけ気味)」



岩橋「岸くんちゃんと起きてっ」←












朝の某情報番組には、ジャニーズの中で密かに囁かれている通称″6時56分の天使″が存在したんです。










〰️


今度は通知きた?←