無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
158
2018/07/06

第1話

有名
私はきっと
他の人と比べると有名だと思う。
…ってか伝説みたいになってると思う…
私の母は偉大な人だった
人々を死の絶望から救って
幸せにしていった。
そんな母を私は尊敬しない。
母は優しすぎたのだ。
罪人にも救いの手を差し伸べた
一部の人にはさらに優しくした
母は反乱を買って
 一人静かに孤独に死を迎えた
母は治すことができなかった
どんな病でも救うことが出来た母が
治せなかったのは
人の感情だった
母を私は尊敬しない
代わりに私は姿を消した
…表面上は…ね。
私が始めたのは暗殺者としての道。
こんなの間違ってるに決まってる。
でも、情報集めに大切な事なの。
私の母を殺した人を探さずにはいられないから