無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

『 かわいいうそ 』3





〇「辞めてよ…」






扉の向こうには届かない声。


小さく呟く理由は…


ホントは、心配して欲しいから。


でも…






〇「もうッ、ほっといてよッ!、」






そうやって、突き放すのは…






〇「智洋には、関係ないでしょッ!!!」






想いを閉じ込めないと、ダメだから…




だって、そうでしょ?

兄妹なんだもん。




智洋だって…

私に『そんな気』なんて…

全く無いだろうし。






神「分かった…。、、ご飯、チンして食べや?」




智洋は、いつもの優しさを残し…

「行ってきます」と、扉へ話しかけてから、去った。








シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

four Jasmine🧜‍♀️
four Jasmine🧜‍♀️
『 俺か犬…どっち? 』読んでみて! ⤴️去年の照史くんのお誕生日記念小説なの 今年は忙しくて書けなかったから… プリ画からお引越し中🚚 プリ画での【過去作】 こちらへ大移行中‼️ ※1話に、ドンっと詰め込んでます! 見にくくて、ごめんなさい🙏 【過去作】たくさんあるのよw あなたのお好みは、どれかしら? 神に恋するお年頃〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎イェイっ♡ セツナいの好き♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る