無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第14話

『 かわいいうそ 』fin.


こんな時に、私がいちばん好きな智洋を出してくるなんて…



もう止められないじゃん…//







神「ホンマ、アホか//……可愛すぎんねんて〜///」





そう言いながら、涙も鼻水もグチャグチャな私を、抱きしめた。


今まで押さえ込んできた、たくさんの想いが溢れていき、


私は、智洋の背中へと手を回す。







幸せだと感じ…



また涙が溢れていった。





















神「もひとつ、、ごめん。」

〇「なに、、が?」

神「俺の方が…ヒドい邪魔、、しとったから…//」




頬を赤らめて言う智洋が、可愛いくて…


なんだか分からないけど…



〇「許す♡」





















______




「神ちゃん?、、〇〇ちゃんってさぁ?彼氏とか…」

神「ッ!おるでッ!!!」




______











☆fin.☆

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

four Jasmine🧜‍♀️
four Jasmine🧜‍♀️
『 告白 』『 コオリとオフショル 』『 café 』読んでみて! ⤴️去年の流星くんのお誕生日記念小説なの 今年は忙しくて書けなかったから… プリ画からお引越し中🚚 プリ画での【過去作】 こちらへ大移行中‼️ ※1話に、ドンっと詰め込んでます! 見にくくて、ごめんなさい🙏 【過去作】たくさんあるのよw あなたのお好みは、どれかしら? 神に恋するお年頃〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎イェイっ♡ セツナいの好き♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る