無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

『 かわいいうそ 』5




ピンポーン♪



「はーい?」



インターホンから聞こえた、太陽のような明るく元気な声に、私はホッとした。



〇「私…〇〇です…」

陽「え、〇〇?、どうしたぁ?」

〇「陽ねぇちゃん、、、泊めて?」




家から逃げ出した。

智洋が学校から帰ってくる前に。











______



陽「ねぇ?今日、バレンタインでしょ〜?、どうして学校 休んだのよぉ?」

〇「バレンタインとか、関係ないし…」



私は、ソファーの上で膝を抱えながら、もらったミルクティーのマグカップを両手で包み込んで、

フテクサレてる口調で返した。

てか、
確実にフテクサレ以外の何者でもない事に、フテクサレていた。







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

four Jasmine🧜‍♀️
four Jasmine🧜‍♀️
『 告白 』『 コオリとオフショル 』『 café 』読んでみて! ⤴️去年の流星くんのお誕生日記念小説なの 今年は忙しくて書けなかったから… プリ画からお引越し中🚚 プリ画での【過去作】 こちらへ大移行中‼️ ※1話に、ドンっと詰め込んでます! 見にくくて、ごめんなさい🙏 【過去作】たくさんあるのよw あなたのお好みは、どれかしら? 神に恋するお年頃〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎イェイっ♡ セツナいの好き♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る