無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

68
2021/03/09

第2話

女子メンバー二人が顔を出している理由
俺の活動してるすとぷり…

そのメンバーは基本顔を出さないことにしてるんだが…

ある2名だけは…

俺達と違っている

そのメンバーは…
ユッカ (雪白 奏)
どうも~すとぷりの空色担当ユッカでーす!
すいせん (水神 星羅)
どうもすとぷりのエメラルドグリーン担当すいせんでーす!
この二人の女メンバーだ…

でも顔出しの理由は知っている

これはリスナーさん達もだ…

この二人はすとぷりになる前

バースデーフラワーズと言うダンスグループに入っていた。

そのグループでは世界6位まで登り詰めたほどの実力があった。

しかし二人はすとぷりを選んだ

理由はわからない。

グループと平行でも良かったが、二人はそれは嫌だと言ってバースデーフラワーズの皆と話し合って決めたそうだ。

今、バースデーフラワーズは世界2位まで登り詰めたそうだ。

そして顔出しをしているのは、バースデーフラワーズの宣伝になるって言うのと、ダンスのパフォーマンス世界に配信されており顔も配信されていたからだ。

だから顔を隠す必要は無くなったんだ。

メンバーの中で顔を出してるのは二人だけだ。

俺達は皆顔を隠している。

そんな俺達の中で特殊な二人は…
ユッカ (雪白 奏)
よっしゃやるぞぉぉぉ!
すいせん (水神 星羅)
負けない!
とても楽しそうだ…

でもやはり疑問なのは

なぜすとぷりになったか…

だった。

二人は仲間達とダンスで世界に出れる程の実力持ち。

俺やすとぷりを選ぶメリットは無いんだ。

だって当時は成功するなんて限らなかった。

ここまでこれるなんて限らなかった。

既に成功を掴んでた二人が、仲間を捨ててまでこっちにきた理由は、俺もだがメンバーもリスナーさんもわかっていなかった。

だから俺はある日聞いた。

ーーーーーーーーーーーーーーー
ななもり。(七森 夜)
ねぇねぇ
ユッカ (雪白 奏)
ん?
ななもり。(七森 夜)
二人ってどうしてすとぷりになったの?
すいせん (水神 星羅)
どうして?
ななもり。(七森 夜)
ずっと気になってたの
ジェル (往田 仁一)
俺も聞いたことないなぁ
るぅと (木瀬 瑠樹)
僕もです。気になりますね。
ころん (青空 六輝)
確かに聞いたことないね。
さとみ (佐倉井 悟)
そうだな
莉犬 (驎 衣音)
なんでなの?
ユッカ (雪白 奏)
どうする?
すいせん (水神 星羅)
…もういいんじゃない?バレなかったし
ユッカ (雪白 奏)
…そうだね
すいせん (水神 星羅)
よくバレなかったよね
ユッカ (雪白 奏)
まぁ二人とも名字変わったし
ななもり。(七森 夜)
え?ん?
すいせん (水神 星羅)
なーくん!
ユッカ (雪白 奏)
ころん!
ななもり。(七森 夜)
なに?
ころん (青空 六輝)
すいせん (水神 星羅)
上白滝星羅…知ってるよね?
ななもり。(七森 夜)
え?
ユッカ (雪白 奏)
白銀奏…知ってるよね?
ころん (青空 六輝)
…知ってるけど…
すいせん (水神 星羅)
上白滝星羅は私よ!
ユッカ (雪白 奏)
白銀奏は私
ななもり。(七森 夜)
は?
ころん (青空 六輝)
はぁぁぁああああぁぁあ?!
ジェル (往田 仁一)
知り合いやったん?
ななもり。(七森 夜)
…俺の…幼馴染み…
ころん (青空 六輝)
僕の…元恋人…
るぅと (木瀬 瑠樹)
はい?!
さとみ (佐倉井 悟)
ちょっとまて!は?!
莉犬 (驎 衣音)
ええぇぇぇええ?!
ユッカ (雪白 奏)
まず私から説明するわ私はころんの元恋人…別れた理由はダンスで世界を飛び回るからだった…理由は少し嘘をついて別れたの…
すいせん (水神 星羅)
私は幼馴染みだった…よく遊んでたけど海外に行ったりすることで連絡は自然と途絶えたの。
ころん (青空 六輝)
ねぇ…嘘だったの?
ユッカ (雪白 奏)
ごめんなさい…嫌いになったなんて嘘!本当は心から愛してた!でもダンスをやりたかった!それに巻き込みたくなかったの!…傷付けるなんてわかってた!でも…私…あれ以外に浮かばなくて…ごめんなさい…許してなんて言わない…
ころん (青空 六輝)
…どうしてすとぷりに?
ユッカ (雪白 奏)
…ころんが居るのを知ったから…私はやりたかったこと全てやった…それでも好きだった…そう言ったら…メンバーは行ってあげなって言ってくれたの…
ころん (青空 六輝)
…バカ…
ユッカ (雪白 奏)
?!どうして泣いて…え?
フワッと香る柔軟剤の匂いと、暖かな空気…

私は一瞬理解が出来なかった…
ころん (青空 六輝)
…バカ…バカバカバカ!僕がどんだけ泣いたと思ってるんだ!
ユッカ (雪白 奏)
…ごめんなさい…
ころん (青空 六輝)
僕…本当はまだ好きなの!大好きなんだよ!諦めようって思った!でも諦められなかった!
ユッカ (雪白 奏)
え?
ころん (青空 六輝)
僕のことまだ…好きなら…もう一回恋人になって…
ユッカ (雪白 奏)
?!///
ころん (青空 六輝)
ユッカ (雪白 奏)
私で…いいの?私は…ころんを傷付けた…それなのに…
ころん (青空 六輝)
今知ったんだよ?全部…僕が言ったんだから!良いの!
ユッカ (雪白 奏)
…ありがとう…喜んで!///
すいせん (水神 星羅)
…私…本当はなーくんが…
ななもり。(七森 夜)
…言わせない…
すいせん (水神 星羅)
…(やっぱり…)
ななもり。(七森 夜)
俺から言わせて?
すいせん (水神 星羅)
へ?
ななもり。(七森 夜)
好きだった…ずっと…俺と付き合って下さい!
すいせん (水神 星羅)
…なーくん…ありがとう!
ジェル (往田 仁一)
二人とも…いや…四人とも幸せそうやな
るぅと (木瀬 瑠樹)
あの二人すとぷりに二人が居るのを知ってて入ったんですね
莉犬 (驎 衣音)
ずっと両片思いしてたんだw
さとみ (佐倉井 悟)
恋愛漫画かよwwww 
ジェル (往田 仁一)
それにしてもころん大胆やったなぁ
るぅと (木瀬 瑠樹)
ころちゃんあそこまでハッキリ言うんですね
ころん (青空 六輝)
は?うっせぇw
ユッカ (雪白 奏)
私は嬉しかったからよし!w
さとみ (佐倉井 悟)
ころんのくせにぃぃ!w
ころん (青空 六輝)
茶化すな…ばか…///
ユッカ (雪白 奏)
?!ころんが照れた!
ころん (青空 六輝)
あぁ!もう!きっしょ!///
ななもり。(七森 夜)
イチャイチャしやがってぇえ!
莉犬 (驎 衣音)
なーくんは人のこと言えないよね?
ななもり。(七森 夜)
しらなーい!
すいせん (水神 星羅)
逃げてるね
ななもり。(七森 夜)
うるさいなぁ///
この特殊な顔出しメンバーは

今日も特殊だけど

今は俺ところんを

支えてくれています

END