無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

学校〜21〜
教室戻る
美咲
美咲
あっ!あなたおかえり〜
あなた

体調悪いからちょっと保健室行ってくる

美咲
美咲
え?わかった、大丈夫…?
あなた

うん…!

保健室
保健室の先生
どうしたのー?
あなた

あの、体調悪くて…

保健室の先生
じゃあ少しベッドで休むといいわ
あなた

ありがとうございます。
(本当は体調なんて悪くない……
だけど、少しだけ1人でいたい…)

あなた

(今までこんなことなかったのになんで…?)

気がつくと私は泣いていた。

そして、そのまま眠りについた……



________________________


ガラッ
平野紫耀
平野紫耀
あなたちゃん!!!
保健室の先生
ここ保健室!静かにしなさい。
平野紫耀
平野紫耀
あ、すみません
失礼しまーす
あなた

先輩!

平野紫耀
平野紫耀
大丈夫!?
あなた

あ、もうお昼か…
全然大丈夫だし、元気です!
すぐ戻りますね

平野紫耀
平野紫耀
え?無理しなくていいよ!美咲ちゃんから聞いたから!
後、今日は部活休んで!
あなた

あ、ありがとうございます。
(あの人に会わなくて済む……!)

平野紫耀
平野紫耀
最近あなたちゃんおかしくない?
大丈夫………?
あなた

全然大丈夫です!寝不足なだけなので…

平野紫耀
平野紫耀
そっか!あ、じゃあ濡れおかきあげる
あなた

え?ww
ありがとうございますww

保健室の先生
こら!お菓子なんか持ち込んで!
今回だけ見逃してあげるから
平野紫耀
平野紫耀
すみません、ヘヘッ///
あなた

(可愛い…/////)

あなた

じゃあ、戻ります!ありがとうございました!

保健室の先生
はーい!
体調悪くなったらまた来てねー!
あなた

はい!

________________________
平野紫耀
平野紫耀
じゃあ、俺ここの教室だからまたね〜
なんかあったらいつでも言って!
あなた

ありがとうございます!







私ってこんなに弱かったんだなー


少しでも強くならないと…!