無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

学校〜42〜
紫耀のクラスの教室
美麗
美麗
紫耀………!
平野紫耀
平野紫耀
は?何?
美麗
美麗
あの…あんなことして本当にごめんね…
平野紫耀
平野紫耀
もういいよ別に。
でもまたあなたにあんなことしたらただじゃおかねぇから。
美麗
美麗
…………。
クラス「おい紫耀〜!
の男子 幼馴染にそんなこと言っていいのかよ〜」
平野紫耀
平野紫耀
俺の大切な奴を傷付けられたからな。
「大切な奴ってさっきお姫様抱っこしてた人?」
平野紫耀
平野紫耀
そうだけど?
「へぇ〜(ニヤニヤ」
平野紫耀
平野紫耀
大切なやつ傷付けられて黙ってられるかよ。
「まあ、それはそうだな!ってか、彼女なの?」
平野紫耀
平野紫耀
まだ………
「頑張れよっ!(ニヤニヤ」
平野紫耀
平野紫耀
うん/////
放課後
平野紫耀
平野紫耀
失礼しま〜す
保健室の先生
来た来た!じゃあ、先生とかにも連絡しといたから後はよろしくね!
平野紫耀
平野紫耀
はい!ありがとうございました!
保健室の先生
いえいえ!こちらこそありがとね〜
あなた

ありがとうございました!

保健室の先生
はーい!
平野紫耀
平野紫耀
じゃあ、帰ろっか
あなた

はい!本当にありがとうございます!

平野紫耀
平野紫耀
大丈夫だよ!
保健室を出る
「あっ!噂の2人だ!!!」
「カッコいい〜💗」
「カップルかな〜?私達の紫耀くんに彼女が…!」
「ってか、肩組んでるし!女の子を支えてる…?」
「あの子の横にいる女の子、体調悪いのかな……? 」
あなた

(あーもう早くこの場から抜け出したい……ってか、私に飛貴くんという最高の彼氏がいるのに!)

平野紫耀
平野紫耀
なんかごめんね?
あなた

い、いえ!全然大丈夫ですよ!

平野紫耀
平野紫耀
早くここから出よっか
あなた

そうですね、ありがとうございます!

平野紫耀
平野紫耀
うん!